2007年11月01日

北海道

 私が体重計に乗っていると、タタタ…と駆け寄り、得意そうに「サンジューゴップン(三十五分)!」と報告してくれる綺羅。またある時は、抱っこされながら私の腕をギュッギュッとチェックして「ママ、フニャフニャしてんね!」と嬉しそう。先日など、「美味しそう…」とお菓子のショーケースを熱い視線で見つめる私に何て言ったと思われますか?「ママ、食べない方がいい。太ってるから」ですって。そうね、確かに!でもね綺羅ちゃん、女性らしいフォルムっていう考え方もあるのよ。それにしても、私が「太ってるから」食べない方がいい!?誰かがそう教えたはず…犯人捜索の旅は続きます!
hk1.jpg
 そんな綺羅の心優しい忠告空しく、食べに食べている北海道帰省。(左)空港で、飛行機を待つ間につまんだカボチャ・ベーグル。もう何でもありですね、ベーグルのフレーバーって。いいなぁ。前日に東京ミッドタウンのDEAN & DELUCAの少し間を開けたお隣のJUNOESQUE BAGEL CAFEというお店で見つけた「いかにも」季節限定販売なこちら。最近は、栗やカボチャがたくさんですね!品揃えをウィンドウ・ショッピングだけするつもりでお店を覗くと、いつの間にか購入している、と言う…。(右)綺羅を膝に乗せ、窓の外の景色を見せようとします。すると興味なさげにフンガァと大あくびされていました。それにも増してすごいのが、私の顔ですが!?神様…
hkd2.jpg
 ズン、ズン、ズン…なぜか威張って飛行機から降りる綺羅。私の友達に手を取られ、と言いますか手を「引いて」戦士の行進状態です!空港を出ると、彼女の荷物を「コロコロ!」と叫びながら無鉄砲に走り出しましたよ。おーい…。
hkd3.jpg

 空港から直行したのが、やきとり「米澤」さん。前々からその評判は伺っていたのですが、今回梅村さんのブログ(コレ)を読んで「もう絶対ここ行きたい!」とコーフンしていました。そして出発の数日前に、友達が「私、焼き鳥大好きなんだよねぇ」と言うのです。もう決定でしょう!梅村さんの記事を指南書に、早速一日三皿限定の「昆布〆ササミのお刺身」500円とレバ刺し500円を注文。もちろんカメラのことなど忘れて料理に飛びついたのですが、梅村さんの方に美しいお写真が掲載されていてよかった!でも梅村さんの食べ方を見て、右へ倣えでワサビをちょこんと乗せて口へ運んだら…お寿司さび抜きの私には、すっごく辛いではありませんか!思わず涙が出てしまい、「どうしよう!」と焦りました。ちなみに本日はずり刺しは入荷なし。残念です!(右)「イベリコ豚の、どうしようか…」と注文時に悩んでいたら、お通しの皿にそれらしきモノが盛り合わせられて出てきて「おお!」と感動しました。私達は勝手にそう考えましたが、この生ハムは本当にハモン・イベリコ!?感動したのは、手前の江都青長という大根、そして黒大根(ですよね?)。はじめ「江都青長です」と教えられ、「コート青菜が…ですか…(ナンジャソリャ?)」と首をかしげる私達に、漢字で教えて下さった厨房の男性です。それでね、思い出したんです、梅村さんの別の記事を→コチラ。友達、すっごく美味しい!と感動していました。
hkd4.jpg
 ハツ、ハツモト、とり、とりハラミ、ぶた、ボンボチ、砂肝、豚タン、レバー、ナンコツ、その他色々。串物はたくさん頼み過ぎて、忘れました。(右)なんこつの唐揚げ。400円でしたっけ?
hkd40.jpg
 (左)そうです、つくねも食べました!梅しそ、チーズにオリジナルなど。二本で各味350円です。(右)この夜私が一番気に入った、鹿児島直送「地鶏の刺身」850円。鹿児島の甘みの強いお醤油でいただくのですが、これも好みに合いました!
hkd41.jpg
 (左)牛ロースのタリアータ900円。「タリアータ」とは何か…という多数の人々が抱くであろう疑問に答えるかのように、「イタリアンステーキ」と記述があります。上にたっぷり乗っているのは、アレギュラ?日本では、ルッコラと同じ名称なのかな?それに削りパルミジャーノがかかり、バルサミコ酢のソースがお料理の味を控えめに演出します。(右)これ、いけますよ!もちベーコン(二本で350円)。
hkd43.jpg
 牛すじの煮込み400円。これは素晴らしいです!圧力鍋を「今考えるとあまりお得じゃない価格で」購入してしまったのですが、もしこんな美味しい牛すじ料理を作れれば、そんな過去の汚点も許せるというものです!
hkd42.jpg
 もっとドカーンと食べたのですが、「おいしい!」を連発していて全皿シャッターを切るのは無理でした。レバ刺しは、生姜醤油とごま油両方でいただきました。友達は「ああ、もう一皿食べればよかった…」と、レストランを出た後も呟いていたのですよねぇ。次があるよ!

●やきとり米澤
住所: 千歳市信濃1丁目7-18(Google地図で検索すると、少し違った場所が指し示されるような?仲の橋通り上、新富の回転寿司店「クリッパー」のある十字路を北西の北斗方向に数十メートル行った所にセブンイレブンがあります。米澤さんは、そこの道を挟んだ真正面です)
電話: 0123-49-2555
18:00〜24:00(ラストオーダー23:00)、日曜定休

hkd5.jpg
 この後、駅前食堂「千歳屋」へ…。もちろん徒歩で、です。20分歩くのは寒かったけれど、友達の「遠い!寒い!」という叫び声を聞く度に、私はなぜかますます張り切って早足になりました!ゴメンね。そこで今度は、ぜんざい(お餅二つ入り)はじめ色々いただきましたよ。(左)ここのカレー、野菜を網焼きにして加えるんです。何だか贅沢でしょう。(右)翌日、三輪車「スーパー綺羅ちゃん号(私がセンスなく命名)」で特訓を受ける綺羅。「もういいわー!」と叫んでいるかのよう?
hkd6.jpg
 豊平峡ダムの紅葉を目指して、出発…しかし到着は遅く、なんと夕方の4時10分!一般車両進入禁止のこちらのダムに向かう電気バスの最終運行は、16:00です。「歩くと20分…いえ30分くらいかかりますよ。お帰りも暗くなりますし…」と、受付の女性。平気平気!と、嫌がる友達を連れて入ると、間もなくトンネルに。長ーーーいんですよ、これ!山なら景色もいいしね、なんて考えていましたが、これは計算違い。(右)このくらい離れると、暗いトンネル内ではもう寂しいです。一応、この山にはヒグマも住んでいることを伝えます。まあ、もっともっと山奥に入っても滅多に会えない神様ですけれどね。年に数回は目撃情報もありますので、熊に出会った際の注意を一応話します。トンネルを抜けると、ほら、熊の臭い。「お邪魔します」と、大きく靴音を立てて前へ進みます。
hkd7.jpg
 (左)豊平峡ダムに向かう途中にトンネルは二つあり、これはその間の景色。ダムまで行ってしまうと、もう既に紅葉は終わってしまっていました。寒いですからねぇ。途中で通った、真駒内の公園などの暖かい地域の方が見頃でした!しかし「豊平峡ダムへ行くのだ」と、写真など撮らず…。それに、ダムに徒歩で到着した時はもう薄暗かったんですよ。最終バスを逃したくらいですものね。(右)これが、最終バスを逃した理由!途中で立ち寄った、お菓子屋さんのソフトクリームです…美味しそうでしょ。でもあまり美味しくなかったんです。それも悔しいところだなぁ。花より団子という感じの、私達です。
hkd8.jpg
 豊平峡温泉の食堂にて。無化粧で、目の前にどんどん並ぶお料理達にニヤニヤする私!花より団子ですよ、しつこいですけれど。ラムカリー1000円、チキンマクハンワラカリー900円などを注文。桶そば630円は十割です。綺羅はいつもの通り、温かい山菜きのこそばを選びました。餡ナンの4切れ中、私の食べた2切れは餡が極端に少なく、友達と母は結構たっぷりでした。餡運凶ですね。
hkd9.jpg
 綺羅はギャッギャと喜んでいました。この後、私達はゆっくりと岩盤の上での垢すり+リンパマッサージなどを堪能。綺羅を見ていてくれた母に、感謝です。その夜は、千歳屋(http://inoui.seesaa.net/article/56039101.html)へ!千歳駅前食堂の人気の一品は、味噌ホルモン(右)です。

hkd10.jpg
 (左)わざわざ温泉後に立ち寄った理由は、この日が若女将あこちゃんの誕生日だったから!よく見えませんけれど、彼女の強い美しさを引き立たせるような花束を…と選んだのはこちらのグロリオーサと野ばらの実の物。ほとんどの女性は花をもらうと嬉しいのでは!?と考えているのですが、間違っていますか?(右)生産工場は前からあった千歳で、ショップ+カフェはこの夏にやっとオープンしたばかりのルタオLeTao。有名過ぎるドゥーブル・フロマージュは、実は初めて食べるケーキでした。国雄持ち込み、でかしました!誕生日ケーキも、ルタオ。いいなぁ、今度私もゆみこ「ちゃん」と呼んでもらいたい。帰ったら、恵子あたりにそう呼んでもらおう…。
hkd11.jpg

 お隣に座っていたお客さん達も一緒にお祝いです。あめでとう、あこちゃん!
hkd12.jpg
 この小さいケーキを、見事に16等分した主役の若女将。
hkd13.jpg
 お料理はノンストップで供されました。最後の方、梅村さんの農園のカボチャを使用したスープも出てきました。ある程度は心の準備が出来ていましたが、その味の濃さにビックリ!まあ、とにかく食べること食べること。体重も増えて、先に書いたように女性らしいことこの上ないです。でも今のところ、腰まわりだけが女性かな?ジーンズがきつくなってきた…。綺羅も、ムギュッと掴みがいがあるでしょう!そしてまた、「ママ、ムチムチしてんね」とかダメ出し…じゃなかった、意見されるのでしょうね!?
 話がずれましたが、去年知り合ったあこちゃんと今年はもっとずっと仲良くなれて、本当によかった。話す度、温かい笑みがこちらにまでこぼれてくるような女性です。本人もわかっているとは思うけれど、マスターは幸せですね。強さと優しさを併せ持ったこんな人がいるんですよ。突然こんな友達が出来て、人生って面白い。

posted by 裕美 at 08:10| Comment(18) | TrackBack(1) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裕美さん、こんにちは☆

北海道の紅葉とても綺麗ですね。
私はカナダにいながら綺麗な紅葉を見るのをどうやら逃してしまったようです。
裕美さんの写真やポストカードのような色取り取りなのを想像していたのですが気が付けばほとんど黄色で落ち葉になっていました。
機会があれば次に賭けたいと思います!!

今回の写真、無類の鳥(肉)好きの私にはたまりません。ほんと羨ましい〜(>_<)

私は人見知りで友達を作るのが下手なので人とうまく仲良くなれる人を尊敬しています。
「類は友を呼ぶ」を信じている?!私からみれば裕美さんは素敵な友達がいるので素敵な人になります(笑)
三輪車が小さく見える程、成長した綺羅ちゃんもきっと素敵な女性になるんでしょうね☆

Posted by MOKI at 2007年11月01日 09:12
MOKIさん、こんばんは!紅葉、気付かぬうちに…という経験、私にもあります。特に北海道の人間にも同じことが言えるのですよ。東京などとは違って街中に紅葉樹が多く植えられているこちらでは、この季節町中が色づきます。でも普段の生活を忙しくこなしていると、顔をあげてじっくり観察することもなく。モントリオールでもそうでした。「せっかくなのだから、紅葉を観賞しにロレンシャンに行きたい!」と呟くと、「向かいの公園も、見事じゃない!」と言われて。えー!?と窓の外を見ると、本当だ!一面燃えるような赤…ではありませんが、黄色!素晴らしい景色を、毎日どうやって見逃していたのでしょう?

私も友達は決して多い方ではありませんが、綺羅が人を引き寄せていてくれるんですよ。この子が私の元にやってきてくれてから、交友関係が飛躍的に広がりました!私のことを素敵な人と形容して下さって大変嬉しいのですが、友人がそれを聞いたら何て言うかしら…
Posted by 裕美 at 2007年11月01日 10:07
いつ来るのかなぁ??って思ってコメントしよって思ったら、先にコメント貰っちゃって…。

江都青長、気に入ってくれたみたいね♪嬉しいです!
Posted by umemura at 2007年11月01日 22:18
こんばんは!今、そちらのブログのコメント読んで来たのだけれど思わず「ゴメンなさい!」と頭を下げてしまいましたよ!

一度、せっかく行けそうだったのだけれど、一緒に来ていた友達が母に「お母さん、時間ないでしょ。行かなくていいよ」とキャンセルしてしまったのよ。もう、高架下に差し掛かっていたところだったのに…一応、お土産まで持参していた私はビックリでしたけれど!

江都青長、美味しいよ!あれでみぞれ鍋だなんて、贅沢ですねぇ…

あ、最後になったけれど。私ね、自分の携帯を東京の家に忘れてきました!
Posted by 裕美 at 2007年11月01日 23:07
裕美ちゃん!照れるわ・・・ありがとう★
先日は素敵なお花、本当にありがとう!その通り!お花ってスッゴイ嬉しいーーー。
毎日水足して、根元チョッキンして、今もばっちり咲いてます。お花の選び方までセンスあるねっ★21時過ぎ位にバキバキバキーッてお店に入ってきて、枝が一、二本折れちゃったけど、素敵ねーって皆絶賛していたよ〜〜
私の方こそ裕美ちゃんには憧れているよー。生き方がとてもスタイリッシュだし、本当に色々な事を知っているわ。。。
あれだけ食べても全然スリムで、芸能人とかよりも、裕美ちゃんになりたいってananに投稿したいよ。そしてそして、とっても可愛い綺羅ちゃんが子供だし。
あことマスターだと、あこは目が離れていて、マスターは目が近いから丁度良いのができそうなのに・・・
ある日(数年前)が流行った時、バファリンってBと薬に彫られているから、バイ○ア○○と偽って薬飲ませたことがあるのーっ。スッカリ頭痛治っちゃって。。。ガハハハハ無理だ、無理だ・・・
Posted by akko at 2007年11月02日 00:09
あーやっぱり北海道で美味しいもの食べてる笑!
焼き鳥、今回の帰省で食べなかったなあ。残念っ!日本から戻ってまだ1週間しか経ってないからぁ、あと1週間くらいしたら日系居酒屋行っちゃおーっ♪
北海道にはいつまで?七五三過ぎまでいるとしたらまだまだ美食の旅・ウマいもの報告は終わんないね!?
取りあえず“犯人探し”はその後だね笑。
Posted by おはよう♪ at 2007年11月02日 04:26
北海道へ行ってるんだね!
そちらはもう寒いんだろうなぁ・・・。
そう言えば昨年の9月に初めて北海道へ行ったのだけれど、その頃でも朝晩寒かった(>_<)
おまけに旭山動物園は雨でね(^^;
でも、空気が澄んでいて雄大で、北海道が大好きになったよ。
いつかまた行きたいな。

裕美ちゃんのブログにはいつも美味しそうな物がたっぷり並んでるけれど、今回の焼き鳥がまたとっても美味しそう(≧∇≦)
美味しい焼き鳥ってなかなか巡り合えなくて、こっちでも探してる所です。
あ〜食べたい・・・。

綺羅ちゃんがどんどん成長していく姿、いつも幸せそうに笑っていて、裕美ちゃんの温かい心が伝わってきて、ほんわかこちらも温かくなります(^^)
Posted by まんまる。 at 2007年11月02日 08:09
あら〜。裕美さん北海道なのね。
おいしい料理と楽しい仲間達と、読んでる私の方もホンワカ温まらせてもらいました♪ 

やきとりおいしそうですねぇ。ジュルル・・・
あの照り照り具合がなんとも・・・ぜひ食べたい!!

家の北海道入りは9日になりました。今回はフェリーで苫小牧から入りますよ。船酔いしないか心配だなぁ。
Posted by にゃんこ at 2007年11月02日 10:21
千歳は、義母の田舎(青葉公園の近く)なので、今度自分が行ったらこの店でこれをたべよう・・・♪とわくわくしていつも拝見しています。
義母から聞く千歳の町は、昭和30年代で何もなく、米軍の人たちがいっぱいいて、人々が貧しいけれど精一杯力を合わせ皆でよい町を作っていこう!と頑張っていた時代のことで、、、。

こんなに魅力あふれるいい町になって、先人たちは喜んでいるだろうなぁ・・・と勝手に感慨深く思っている私でした。
Posted by haru at 2007年11月02日 11:04
Akkoちゃん、あの夜は本当にありがとう!花束をあんなにバキバキにして登場してしまって、ゴメン…インパクトだけは強烈だったよね!?グロリオーサって南国系のお花っぽいけれど、まだ元気なんだ。よかった!

an-anに投稿って、よくわからないけれど嬉しいよ。私も投稿しようか…「週間文春」なんかでいい?
「あこは目が離れていて、マスターは目が近いから…」っていうの読んで、改めて二人の顔がまざまざと浮かんでおかしかったよ!目は近いより、離れていた方がいいと思うよ。「バイ○ア○○」って、「バイア○○」?そんなの飲まなくても平気でしょう!いや、殿方のお気持ちはわからないけれど。私は、「真夏の夜の夢」の惚れ薬がほしい!とは言え、役所広司の瞼に塗るのは難しそうだわ。でもそれで惚れられるというのも情けない愛の形だなぁ…Akkoちゃんは必要ないから、幸せだよね。

今晩、岩成君来るんでしょ?遊びに行くからねー。
Posted by 裕美 at 2007年11月02日 12:14
おは♪ちゃん、こんばんは!

今回は食欲抑えるつもりだったんだけどね。結局、「私達、食べてる時が一番幸せだね」となるわけなのよ。友達は、「東京帰ったら食べないんだ…」と言い残して去ったよ!

北海道の七五三は、10月なんだよ。しかも七夕は8月!暖かい時期が短いからねぇ。ハワイは別世界なんだろうなぁ。そちらの居酒屋ってどんな感じなの?何か面白い物があるんだろうね!
Posted by 裕美 at 2007年11月02日 12:25
まんまるちゃん、こんにちは!

9月の旭川?寒そう!夏の暑さも、北海道にしては強烈なような気がしたよ。盆地だからみたい。モントリオールも盆地だから、夏は蒸し暑く、冬は凍りつくほどなのよ。動物園が雨だったのは、残念だったね…小雨がパラつく程度だったならよいのだけれど。でもそんなに混んでいなかったんじゃない?もぐもぐタイムなんかは、結構見られたでしょう。私はまだ一度もしっかり観察できたことがないのよ!特に北極グマ。建物内にはムギュゥーと一応入るのだけれど、水槽にはとても近づけなくて!時々スゥーと白い物体が視界に入る感じ。

次回北海道へいらした時は、オススメしたい所がたくさんあるよ!まぁ、全部こちらで紹介済みなのですが。皆で一緒に周れたらいいよねぇ!沖縄もよくない?と、話が飛躍する…
Posted by 裕美 at 2007年11月02日 12:43
にゃんこさん、こんにちは!

あら、ちょうど時期がずれるのですね。そちらのご都合ですので、こんな事を言っても仕方がないですが…せっかくなのに、残念!私は3日か4日に東京で行きたい場所がありますので、出来れば日曜の朝にでも東京へ戻ろうかと考えているのです。

フェリーで苫小牧から、って何だかすごいですね。お車の方って、皆さんそうなのでしょうか。苫小牧のサン・ドミニックというロールケーキの有名なお店をご存知ですか?私はそこのプリンが大好きなんです!到着された当日は無理でしょうから、もしまた苫小牧方面に向かわれることがございましたら、是非ご一考ください!
Posted by 裕美 at 2007年11月02日 12:50
Haruさん、こんにちは!

お義母様のご実家の近辺が頭の中にありありと浮かびます!古き良き、いい地域ですよね。最近の千歳はドーナツ化現象が進んでおりまして…町も発展しきってはいなかったのですが、皆郊外に移ってしまって、中心部は寂しい限りです。こう拡散されると町はだだっ広くはなりますが、にぎわうことはないように感じます。特に車のない私はバスなどの便もよい駅前などへは行きやすいので、中心部がもう少し活気を取り戻してほしいです!

これからは、状況も変わってくるかと思いますが…。はるさんのお義母様のおっしゃるように、「精一杯力を合わせ皆でよい町を作っていこう」とする姿勢があれば、それも可能かと思われます。
Posted by 裕美 at 2007年11月02日 12:57
明日帰ってしまうのね?あ〜残念!!!会えるかなと期待していたのです。。関東の気温はまだまだ暖かいので、北海道との気温の差で風邪引かないようにしてくださいねー。

苫小牧のおいしいお店教えていただいてありがとう(^o^) 検索してケーキ類の写真をみましたけれど、も〜おいしそう!!プリンもしっかりしたものみたいで、私の好きなタイプです。北海道では、なんだか家族の行事で振り回されそうですけれど、ここだけは寄らせたいと思います!
Posted by にゃんこ at 2007年11月03日 18:23
にゃんこさん、こんばんは!

明日帰る予定が延びまして…来週の半ばになりそうです。実家では、綺羅を離したくないみたいなのですよ!それでも、にゃんこさんご一家とお会いするのは難しそうね。次の機会もあるでしょうから、その時を楽しみにしていようかしら。

確かに、一人旅・友達との旅行でしたら「ここ行こう!」と出来るのですけれどねぇ。家族とでしたら、自分の希望を通すのは不可能な場合が多いですね。こちらのプリンは美味しいのですが、お取り寄せできるのは有名なロールケーキのみなのが残念です。是非この機会にどうぞ!場所ですが、バイパス通りにほぼ面しています。
Posted by 裕美 at 2007年11月03日 22:45
ステキなお店ですね
美味しそうです、

お嬢さん可愛いです
Posted by ryuji_s1 at 2007年11月21日 10:04
ryuji_s1さん、こんばんは!

ブログを覗いて下さって、嬉しいです!タリアータのレシピを載せていらっしゃるのですね。私の知らなかったこのお料理、興味深いです。

娘のことも褒めていただいて、どうもありがとうございます。
Posted by 裕美 at 2007年11月21日 22:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

牛肩肉のタリアータ 香草サラダ添え
Excerpt: 菊の花 海のさちさんがお造りになられた  鯛のスパイスとフルーツマリネ とても盛りつけが奇麗です。 イタリ..
Weblog: イタリア料理 パスタ イタリア料理レシピ
Tracked: 2007-11-21 10:16
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。