2007年09月17日

縁尋奇妙…で、芋探しから感動のフレンチトーストまで

fu1.jpg
 元気なルバーブは、梅村さんの畑から…。アーティーチョークも見事でした!
fu2.jpg

 お芋の季節です!日本行きがなんとなーく決定した頃から、「今度、芋掘りにおいで」と声をかけて下さっていた梅村さん。飛び込みでもいいとのことでしたけれど、やはり気が引けますよねぇ…一応、2日前に連絡入れてみたところ、「いいよ」と二つ返事で快諾。早速お言葉に甘えて遊びに行きました。上写真は、梅村さんに芋レッスンを受ける綺羅。お芋の完熟度チェックの項を梅村さんのブログ(こちら)で確認していた私は、目前でそれを見ることが出来て感激!茎は枯れ果て、引っ張るとジャガイモの根から離れてしまうのが完熟の証拠なのですって!
fu3.jpg

 母親の私がお手本を!あらダメだ、コロコロ付いてきちゃう。道産子のプライドが…。(右)梅村さんは、当然ですがさすがプロ。私達素人が騒ぎながらトロトロしている間に、どんどん完熟お芋を掘り起こしてくれるの。だから芋「掘り」と言うよりも芋探しですね、今回の私のコレは。
fu4.jpg
 (左)見えにくいですが、綺羅がハート型のジャガイモを発見しました!熟しているかはわかりませんが、大事にカゴに…。(右)「あ、こっちにも」と、突然草陰に潜む梅村さん達。どこへ行くのですか!?と一瞬焦ってしまった私。なんと、こちらにも変わった種類のお芋があるらしいのです!水曜スペシャルみたい。
fu5.jpg

 シャドー・クィーンに、ノーザン・ルビー。ちょっと競馬馬っぽくて素敵な名前でしょう!?名は体を表していまして、シャドーは黒紫がかった青、ルビーは赤紫系のピンクです。外側だけではなく、中まで赤いのは見たことがないので、ビックリでした。この他にも、キタアカリやインカのめざめ、インカの星などもいただきました。中でも、フライドポテト用に開発された「トカチコガネ」が気になりました。早速、千歳屋食堂に持っていってみたりして…。
fu6.jpg
 梅村さんが手に乗せているのは、マイクロトマト(http://inoui.up.seesaa.net/image/tky9.jpg)?というのと同じ物なのでしょうか?こちらは、野生のトマトなのですって。小さくても、味はこれ以上ないほどトマト!でした。「これ、食べてみて」と差し出された時、即座に「食用ほおずきって、特別美味と感じた印象はないなぁ」なんて思いながらも(と言うか、失礼にその旨を伝えていましたっけ?)一つつまんでみました…とここまで来たらオチは見えていることと思いますが、すごい味が口の中に広がったのです!小粒でピリリとは山椒のことですけれど、これはビリリ!!とした美味しさが文字通り「詰まっている」のですよ。うまく表現できないけれど、普通のフルーツ10個分の風味が凝縮されている感じかなぁ?私の興奮ぶりを見て、「よかった!自信ついた」と言ってくれた梅村さんのお顔を見るのが、何より嬉しかった。
fu7.jpg
 あそこのビニールハウスが覆われている物は、黒い蚊帳?「あそこね、カボチャ」。中に入ると、本当だ!どこから見ても、カボチャだ!風通しがよく、直射日光の当たらない場所で出荷を待つのですって。ええと、理由は…「日焼けしないように」でしたか?違った?この日の様子は、梅村さんのブログでも写真を載せていただきました→http://blog.livedoor.jp/farm_umemura/archives/51055038.html

 梅村さんと出会えたきっかけを作ってくれたのは、ある女性でした。「日本でビーツを入手出来る場所はないものか」と、Googleで検索。ついでにイメージ検索…でヒットしたのが、黄色いビーツを使用した美しい一枚の写真なのです。早速クリックしてみると、そこは情報満載のブログ。しかも北海道札幌の方の物。すすきのの一等地でお寿司屋さんを営む大将のおかみさんでした。読み進むと、なんとそのビーツ農家さん(と、最初は思っていました)は私の故郷である千歳にあるのです!緊張しながらも、コメントを残してもう少し詳しいお話を伺いました…
fu8.jpg
 そして今では、カナダに住んでいた私がもうこうして何度も彼女に会っている事実。梅村さんの畑でも、笑顔で迎えられるようになりました。縁尋奇妙とはこういう事を言うのでしょうね!感謝します。先日は、忙しい中時間を割いてランチにご一緒させてもらいましたよ。
fu9.jpg
 ホテルオークラの遊佐さんともお会い出来て、素敵なヒトトキとなりました。おかみさんのブログでも、この日の様子を紹介されています。こちらへ→http://ichii445.blog42.fc2.com/blog-entry-661.html#more 彼は、常に最高の素材を求めて目を光らせている方。歩く食材辞典のような…と形容したら、失礼かしら!?
fu10.jpg
 感動したのは、遊佐さんが非常に細かい心配りを見せて下さったこと。ランチセットには、当然ついてくる紅茶かコーヒー…しかし私が普段好んで飲めるのは、ぬるま湯か麦茶だけなのです。ウェイトレスの方に、「私は飲み物よろしいです」と断った後、「桃太郎トマトジュース」を出して下さいました。普通のトマトジュースはこれまたワガママに苦手ですが、あっさりして甘いこれなら飲める!それどころか大好きです。早速ストローで吸いだした私に、遊佐さんがアドバイス。「グラスから、そのまま飲んでみて下さい」。彼自身が試された結果、それが繊維も何も逃さず一番美味しい方法だと教えて下さいました。私の舌でもわかるかなぁ!?とドキドキしながら口をつけてみたら…あ、確かに違う!これからはストローなしに決めました。
fu11.jpg
 おかみさんは、映画「ミス・ポター」とタイアップしたランチセットを選択。ピーターラビットサラダなどを盛り込み、トライフルで締められるこちらのコースに、シェパーズ・パイって美味しい物だったのねぇ!と驚きました。おかみさんのを半分以上味見させていただいて、私も何て言ったらいいのだか…!?
fu12.jpg
 総料理長の春日さんもお顔を見せて下さいました。ずっと東京店ご勤務で、こちらにいらしてまだ数ヶ月です。先月は早速ご家族が遊びに来られたのですって。何だか話しやすい方で、質問攻めにしてしまった感じ。一つ一つ、それは丁寧に答えて下さいました。フレンチトーストのレシピも教えて下さって、「うちでも出来るかも!」なんて興奮したのですが…もう、すごい手間がかかっているのです!まずはパンの乾燥に6時間から始まり(ホテルオークラ東京店内で焼かれるパンなら、この工程にはさほど時間を取らなくてもいいそうです)、卵液に浸すのに12時間。まだまだ、そこでは終わりません。なんと卵液を切るのに更に5時間かかるのですよ!フライパンで6方全部に焦げ色を付けたら、今度は160度のオーブンで20分の焼き上げ。写真はしぼんでしまった後ですが、焼きたてはフワァーです!これを、カナダ産メープルシロップか蜂蜜をかけていただきます。
fu13.jpg
 春日さんにも、「こんにちは!」と挨拶ができた綺羅(私に背中を押されながら、ですけれど…)。生意気にお皿をもらって、フンガフンガと飛びつきます。それはそうよね、一日三皿限定(コーヒーか紅茶付で1,575円http://www.sapporo-hotelokura.co.jp/restaurant/index3tea.html)のこちらは、ものすごく美味しかった!だけど、きちんとフレンチトーストしている。「素晴らしいけれど、これってフレンチトーストとは違うよねぇ?」となってはいけないと私は思うのですよ!最近は、そういう品が多いような気がします。

posted by 裕美 at 10:30| Comment(6) | TrackBack(0) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは
今日、梅村さんに行ってきました〜。綺羅ちゃんの紹介でって、言ったらすぐ解かってくれて(笑)
早速、フライドポテトのお芋さん5KG御買い上げしてきました〜。大変、丁寧な説明をしてくれて最高の食べ方をお店で披露したいと思います。
いつかは、うちのホームページのメニューにものせちゃいますぅぅぅ。。。
Posted by akko at 2007年09月17日 18:46
Akkoちゃん、こんばんは!
梅村さんの畑に綺羅紹介で遊びに行ったのね…ビックリしていた?

トカチコガネを5キロも!美味しそう、今度食べに行くからね。梅村さんって、すごく野菜や果物に詳しくて熱心よね。畑を愛しているっていうか。あれもこれもって試してみたくなる珍しい品種が盛りだくさんだしね。これから千歳屋のメニューがどう変わっていくかも楽しみ…
Posted by 裕美 at 2007年09月17日 20:56
ボンジュール♪裕美さん

おかみさんとお食事したんですね

お元気そうなので嬉しく思いました

ちゃんとこだわった人達が作る物の美味しさ伝わります

裕美さんの表現で十分おいしいと感じますよ〜〜〜♪
Posted by レアールシェフ〜裕美さんへ at 2007年09月18日 08:24
梅村さんの畑のお話はとても楽しいですね!!これを読んだら私もベランダででも何か育てたくなりますよ。まぁ、まだまだ先のことになりそうですが。
フレンチトーストはすごいですねぇ。これまで私が食べてたのは何なのでしょうかね〜。
Posted by キアブス at 2007年09月19日 13:32
レアールシェフさん、こんばんは!

そうなんです、おかみさんとはもう既に二度お会いしたんですよ!常に美味しい物を紹介していただけるので、すごいなぁと思っています。

レアールシェフさんの方もすごく楽しそうですね!いつかバールにお邪魔できたら嬉しいです。
Posted by 裕美 at 2007年09月19日 23:11
気アブ素ちゃん、こんばんは。梅村さんの所は本当に!楽しいですよ。
プロと比べてはいけないんだけれど、私も何か育てたくなった!どうせなら何か変わった物をね!?

フレンチトースト、そっちのオークラのパンを使用すれば最初の乾燥工程はかなり省けるようです。最後はオーブン仕上げっていうのもすごいよねぇ。
Posted by 裕美 at 2007年09月19日 23:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/55696175

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。