2010年09月22日

傾蓋故の如し

                 国際交流パーティーin青山
                3,500円、飲み放題/食事つき
           (カクテル50種類/ローストチキン他もりだくさん)
              サイトでの事前予約で500円引き!
               http://www.107set.biz/go/
                 もっと身近な外国がある。

 茉莉(まり)、杏奴(あんぬ) 、不律(ふりつ) 、類(るい) 。最近の名前は本当に個性豊かで…と思ったら、これ全部森鴎外の子供の名前なのですから驚きです。Marie、Anne、louisにフリツ?フリッツでしょうか。この4人、全員が書き物に従事にしたと言うのですから、それもすごい。ちなみに先妻の間に生まれた長男坊は、於菟(おと、Otto) さん。こちらはお父さんの流れを組んでお医者さんだったよう。そして、鴎外さんのお孫さん達もまた目を見張るような名前をいただいています。彼の家では、年末年始にお節は出たのでしょうか。
kns1.jpg
 冬日記、まだまだ続きます。忘年会にあっちゃん結婚式、そして年が明けたら新年会ですよ!今年も三の重以外の中身だけ作って、後はゲストに焼いてもらったり、詰めてもらったり…。しかし昌子が突然の欠席表明(インターネットを接続してくれる人の訪問が夕方にずれ込んだので)。彼女の本願力を当てにして、塩釜焼きにも手をつけていなかった私は、横になっていたソファから飛び起きました!しかし何とか協力を得て、完成にこぎつけましたよ(右)。
kns3.jpg
 (左)毎年のことながら、一番手のかからない三の重が人気です。複雑な気持ち。(右)他の子達も頑張ってますよ!私も水菜や木の葉を散らして、応援しました。
kns2.jpg
 どどーんと、黒豆+栗きんとん。大好きな物の比重を高く出来るのも、手作りのよさ。あと、伊達巻も!
kns4.jpg
 いただきます!フラフワァ…と綺羅風船が皆の間を行き来。下戸の肴荒らし!?しかしこうして見ると、改めてテーブルが寂しいなぁ。セッティングって大事ですね。来年はせめて、赤い布でも敷きましょうか。日暮里で見つけてきます。
kns5.jpg
 塩釜割りは、池君の十八番。実は本人は気が進まないようですが、毎回声がかかるんですよねぇ。これ、結構力が要ります。kns9.jpg
 窮地に立たされている私。忘年会の時よろしく、ワインのコルク栓抜きに失敗しました。取り敢えず、他人に渡してしまえ。
kns6.jpg
 (左)綺羅の大好きなクラッカー。普段の夕食の際も、理由をつけては鳴らそうとします。(右)先ほどのコルク栓をまかされたのは、池君です。悪いね…。
kns10.jpg
 (左)15日遅いのか、350日早いのか?サンタに着替えて、クラッカーの中身集めに夢中です。(右)椅子!椅子がほしい!!いつも椅子が足りません。ごめんね。
kns7.jpg
 椅子取りゲームよろしく、座れたラッキーな面々。
kns8.jpg
 持ち寄りのデザート達!皆、本当にありがとう。(左)紀子さんとお友達から、菓乃実の杜のいちごケーキです。開けた途端、歓声が。(右)優子ちゃんから、グラマシーニューヨークの「あまおうロールケーキ」。もちろん季節限定です!あまおうがこんなことになっている…贅沢…。
kns11.jpg
 楽しい年明けとなりました。(右)さて、今回欠席した昌子は埋め合わせとして、後日私達となぜか上野の不忍池に行くことに。これはその1コマ。次回に続きます。
posted by 裕美 at 13:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裕美様 お元気ですか?私は、前に鴨胸肉のバラの花びらのせメープルシロップ和えのときにコメントを入れましたonoです。ポメマルさんから、お話を伺ってコメントを入れます。今回は、お目にかかることが出来ずにとても残念でした。鴨のお料理、皆さんに食べていただいたのです!塩加減が少し甘かったかな・・・?料理の腕が至らない私でも、少しは、裕美さんが書かれていたようなお味の雰囲気が伝えられたのではないかと思いました。ありがとうございました。いつかご一緒できる機会があったらいいですね♪ 
Posted by ono at 2010年09月23日 19:45
Onoさん、こんにちは!

鴨肉の一品を作っていただけると、ポメマルさんより伺っておりました。光栄ですが、同時に不安になって自分の掲載したレシピを見返してしまいましたけれど…。こちらこそ、そんな大事な機会に作っていただいてありがとうございます!

しかしまさか、あのコメントくださった方がこのお誘いにつながるとは。まさに、縁尋奇妙ですね。山荘にご一緒できなくて、本当に残念でした。ちょうど母も来ていて部屋の(大々的な)整理を手伝ってもらっていましたので、遠慮させてただくことに。頑張れば無理に皆でお邪魔することも可能だったとは思いますが、今回はやはり見合わせました。とは言え、お断りしてからもネチネチ思い出しては後ろ髪ひかれる思いでしたよ。
Posted by 裕美 at 2010年09月24日 10:36
はじめまして。
いつも楽しくブログ拝見させてもらってます。お写真とてもキレイに撮れていますね。お嬢さんなど人物もさることながら、食べ物が大変美味しそうに写っていてお腹をならして見ています。
差し支えなければどういったカメラを使われてるのか教えていただけますか? 一眼レフでしょうか...。自身買い替えを検討しているので是非参考にできたらと思いコメントいたしました。私はDSLRが欲しいのですが、レストランやお店で大きなカメラを取り出してバシバシ撮影する勇気がもてるかどうか微妙で迷ってます。
Posted by Haru at 2010年10月02日 03:15
Haruさん、はじめまして!

カメラについては私も詳しくないのですが、私はデジタル一眼を使用しています。コンパクトカメラを使っていたのですが、盗難に遭ってしまいました。その時、ちょうど買い替えを検討しているお友達がいて。その人の使用していたNikonをいただいたのが、突然の一眼レフデビューのきっかけとなりました。そういうことでもない限り、やはりHaruさんと同じ懸念理由から、一眼レフを持とうとは思わなかったでしょう。

そのNikonは、悲しいことに水筒の水をかぶってしまい、故障…現在はCanonのEOS Kiss X3と思います。「思います」と言うのは、実はよくわからないまま決めたせい。「取り敢えず、Nikonの一眼レフがいいかなぁ。どうせなら画素数の多いもの希望。一千万画素も、そろそろ安くなってるんじゃないかなぁ」程度に考えて、急いで購入するつもりもなくお店を訪れたんです。12月の半ば過ぎだったのですが、全体的に安価でした。聞くと、ちょうどメーカー側が新モデルを発売する頃で、商品入れ替え時期とのこと。そういうタイミングに当たると、やはり安いんだそうです。一千万画素でCanonの一眼が5万円代であったので、それにしました。Canonの色彩、独自の鮮やかさを持ちます。Nikonの方が好みという方も同じくらいいらっしゃいます。私はどちらかと言うと、後者です。
あと、これは写真をお好きな方にはお叱りを受けるであろう個人的意見ですが、デザインは何となくNikonが素敵かなぁ、なんて。そしてシャッターを切る時の音は、素人の私でもわかるくらいにNikonが味があっていいです。

お店で大きなカメラを出すのは臆するというのは、私も同じです!それだけではなく、どこかで通行人の方に「シャッターを押してもらえますか」と頼むと、動揺されることも。コンパクトカメラも併用しようと考えましたが、結局面倒で一眼レフ一本です。
お店で撮影する場合、ギョッとされるどころか「雑誌の方ですか?」となります。期待して質問されるお店の方に、「個人のカメラです」と、申し訳なさそうに答える時は辛いです!
パーティーなどでは、肩からあの大きいカメラを提げていると、ほとんどの方がチラッと見て、「カメラマンなんだな」と思われるようです。

とは言え、画質が素晴らしいので(私の腕ではそれがきちんと証明されませんが)、すっかり魅了されて、きっと一生一眼レフ派です。取り敢えず、お店に見に行かれたらいいのではないでしょうか。
Posted by 裕美 at 2010年10月04日 10:28
裕美さん

早速のご回答ありがとうございました。画質が素晴らしい、その通りですね。しっかり証明されていますよ!

お察しの通りCanonかNiconで迷っています...。どちらも甲乙付けがたく迷い甲斐がありますね。もう少しリサーチしてお店に足を運んでみたいと思います。

お店ではさすがにこっそり撮影はできなそうなので、ひとこと断ってとるしかないのでしょうね〜。
Posted by Haru at 2010年10月04日 23:40
Haruさん、おはようございます!

やはりキヤノンとニコンの一騎討ちですよね!?うーんでも、ニコン派が本当に熱いです!私の周りだけなのでしょうか。そういう方々のお話伺っていると、断然ニコンにしたくなってしまいます。

リサーチは大切ですよね。まずは、お店に行って実際に対面してみるのがいいかと思います。持った感じの好みなども多々ありますしね。どちらでもこだわりがない…とおっしゃるなら、その時の価格に左右されるのもありかも。何店かまわって、店員さんのアドバイスを比べるのもためになります。

レストランなどでは、ほとんど快諾いただけますよ。お許しを得るというより、一言声をかけて確認を取る感じで大丈夫と思います。一眼レフだと、あまり丁寧に許可を得ようとすると「記者さんですか!?」と無駄に期待させてしまって悪いんですよね…。
ピエール・エルメも、店内撮影OKになったので嬉しいです!
Posted by 裕美 at 2010年10月05日 10:22
裕美さん
初めてコメントさせていただきます。

数年前、珍しい食材を使ったお料理やスウィーツなどの食べ物がとても美味しそうに撮影されている記事を拝見し、綺羅ちゃんもとても可愛いのでずっとこちらのブログのファンでした。

今もふと気づいた時にはブログをチェックしていますが
更新がなく、どうしたのかな?お忙しいのかな?と心配しています。
綺羅ちゃんも大きくなったことでしょう。

またブログの更新がある事を楽しみに待っています。
Posted by メロン at 2011年05月24日 17:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/163408643

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。