2009年12月06日

蛙の子は蛙-えこりん村 2009年9月北海道B

 「雲一つない青空」。この表現を何度も何度も聞いた挙句に、やっと最近になってこの混じりっけなしの快晴を特別視するようになりました。雲のある空の方が、何だか好きだったりするのです。
kij31.jpg
 さて、本日の訪問先は「えこりん村」です。こちらは、自然ながらも美しくデザインされたお庭を軸とした広大な施設。食事できるお店も複数あるし、動物達もいます。母は何度か綺羅を連れてきているとのこと。私は、初めて。(右)岩の光と影の狭間に咲くスミレ。
kij32.jpg
 「びっくりドンキー」を経営する会社関係の施設であるこちら、中には「森のレストラン Ten-Man(天満)」が。普通のファミレスよりちょっと牧歌的、そしてちょっと体にいい雰囲気です。夜は21:30まで営業(オーダーストップ20:30、2009年12月現在)です。お店の名前からもわかる通り、「月夜のオムカレー」なんていうメニューもあって、何だか宇宙的。とは言え、近未来SF風というわけではなく、「銀河鉄道の夜」を彷彿とさせるそれですよね。お皿の数々は、こちらをどうぞ→Ten-Manメニュー
kij33.jpg
 (左)こちらの施設で作られたお野菜が使用されているこのレストラン、店頭にはこんな看板が。(右)祝梅温泉(過去日記「温泉三所/定山渓、白老、そして千歳市祝梅!」)に行った時、綺羅がお風呂あがりに飲みたがる「いちごミルク」という缶飲料があります。えこりん村産の苺を使用した「いちごセーキ」というのを見つけて、「こっちの方が本物っぽいわ!」と勧めてみたら…慣れない綺羅は喜ぶどころか、二口目をつけてくれませんでした。
kij34.jpg
 (左)何か甘い物を口にしなくては気がすまない私、食後に白玉クリームぜんざいを注文です。(右)店内には野菜や果物達が配置され、落ち着いた木のぬくもりの中にも優しいカラフルさが。
kij35.jpg
 ああ、こういうお店って手作りジャムとかよく売ってるなぁ…と、少し構えて覗いてみると。興味深い物ばかりで、全部ほしくなってしまいました。(左)こくわのジャム、ルバーブと房すぐりのジャム、その他たくさん。「房すぐり」とは何だ!?食べてみたい!(右)こちらは、タンポポとりんご、タンポポとパイナップル、りんご+桜+ラベンダー、メロン+ラベンダーなど。
kij36.jpg
 (左)こちらは、ローズシロップ。ローズとレモンの組み合わせなんていうのも、置いています。(右)お菓子もありましたよ。マシュマロにも惹かれますが、目が行ったのはクッキー達。トマトとマカダミアナッツ入りも見つかりました。いいですねぇ。
kij37.jpg
 どうも乗り切れていないように見えるうちの子ですが、実は大張りきり。嬉しくて仕方がないのです。
kij38.jpg
 (左)一番入れ込んだのが、このアクティヴィティー。「お兄ちゃん、何してるの!?」…カエル獲りです!一見すると、どこにも蛙の姿が見当たりません。それでもじっと耐えていると、時々スーッと泳ぎ出す影が水中の枯葉の間に覗きます!それをいち早く見つけるお兄ちゃん、網もなしにガバッと仕留めるのです。もちろん生け捕りですけれどね。(右)落ちそうになりながら、真剣にレクチャーを聴くキラコ。
kij39.jpg
 敷地内には、立派な遊具を備えた場所もあります。ゴロ忍、参上!本人に言わせると、「くノ一」だそうです。しかし上るのはいいけれど…↓
kij40.jpg
 (左)降りれないー!助けてぇ!!とジタバタ。「あと少しで地面だよ」と教えながらも、手伝ってあげます。私に似て、運動が苦手。気持ち、痛いほどわかるなぁ。
kij41.jpg
 (左)綺羅ちゃんのお城!とニコニコ。なかなか出てきません。(右)難破船のように、斜めになった遊具。
kij42.jpg
 (左)お手洗いも、かわいらしいです。(右)運動の出来ない私に代わって、綺羅を励ます母です。「これ、こうやって持ってごらん…」。
kij43.jpg
 (左)今度は降りられるかな?(右)集中すると、つい舌が出てしまうのよね。
kij44.jpg
 (左)ポテポテと、進みます。(右)これは何だ!?フランシス・ベーコンの絵に出てきそうな…→「Three Studies for the Base of a Crucifixion
kij45.jpg
 (左)触れ合いイベントでの、アルパカでした。親子かな?(右)フワフワで、子供達だけではなく皆に人気!
kij46.jpg
 (左)「触りたい、触りたい!」。集まった全員が腕を伸ばすその光景は、まさにライブ会場のそれ!(右)こちらは、静かなものです。ヤギさん。
kij47.jpg
 (左)遠くから見ると、「馬がいるなぁ…仔馬かな」。近づくと、それはアイリッシュ・ウルフハウンドでした。世界一の肩高!でもお顔はグレートデン(関係ないですけれど、私の夢の犬です。それか、パグ…)などと違って、愛嬌のある印象ですよね。聖パトリックの祝日St Patrick's Dayのパレードで見かけたりもします。複数匹が歩く姿は、壮観!(右)綺羅がよく撮ってくれる、私の写真。無化粧でひどいものでも、消せずに取っておいてしまいます。そんな綺羅が大好きな場所、梅村さんの畑に次の日記は続きます。
posted by 裕美 at 11:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/134729478

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。