2009年12月04日

丸かそるか 2009年9月北海道@

 11月末日、空を見上げた綺羅。もうすぐ満月の月が輝いていました。「あれ、ジュウゴヤお月さま?」と尋ねてきます。しばらくして突然タタタッと走り出し、ハッと顔を上げては「お月さま、ついてくる!」と嬉しそうだったり。歩道橋が大好きな綺羅。渡る必要のない場合でも、時間の余裕を見てリクエストを受け入れて階段を上ります。上まで来たところで再びじっと月を見つめながら、呟くように「キラチャン、大人になって、ここに来て、手ぇ伸ばして、えーい!って飛んだら、十五夜お月様に届いちゃうかもね」ですって。綺羅にとって、大人の背はかなり高い。そして自分がいつも「えーい!」でジャンプしてる時は、雲を突き抜けてもおかしくない勢いだと感じているのです。歩道橋の上でそれをやれば、お月様だって触れても全くおかしくないのよね。私に伝えたい情報と言うよりも、気持ちが自然に流れ出た感じの言葉でした。
kij1.jpg
 まぁるいお月様ではないですけれど、大きな電球。新札幌のサンピアザ水族館(過去日記「横浜発のオヤツを持って、サンピアザ水族館」)にいる電気ウナギの水槽です。そう、また帰省しました!北海道に半分くらい住んでいる印象を我ながら受けています。小さい頃、「うわぁー」と驚きの目で発生電圧が記される様子を見つめていましたっけ。実は今でもかなりドキドキしているのですが、クールに振る舞うことを覚えただけなのよね。
kij2.jpg
 (左)カワウソがしっかり増えています!最初、スタッフの方が1匹しかいないことを残念がられていたのが印象的でした。だけど今では3匹がチョロチョロ。(右)今回のイベントの主役は、「寿司ネタ」。お寿司屋さんでポピュラーな種類の魚介類が展示されていました。ちなみに私の好きなネタは、微妙に選外で顔を出しています…エンガワとか、ハマチとか…。脂が乗っていればいるほど美味しく感じてしまうのね。
kij3.jpg
 (左)イラストになりそうにかわいいお顔を見せる、シャコ。尾の力で薄いガラス板を割ってしまう恐ろしいヤツだと尻込みしていたのですが、なかなか性格がよさそうではないですか。(右)ヒラメ…だったかな。カレイはお顔の曲がり方が反対?
kij4.jpg
 (左)綺羅のお気に入り、お魚への給餌。混み合う週末などは、餌が売り切れだったりもしますのでご注意を。(右)妊娠一ヶ月目で出血があったため、すぐにかかりつけの先生のところへ。急遽、超音波検診で確認してみることに。予期せぬ初対面(「面」ではないか)となりました。こちらの心配とは裏腹に、張り詰めた視線の先のモニターに映ったのは…パタパタと小さ過ぎる両腕を元気いっぱいに動かして、ダンスをする綺羅!「かわいい!この子は私にとって特別!」と、切っても切れない関係を母性本能いっぱいで初めて実感した瞬間でした。そしてその姿は、クリオネを連想させるしかないものだったのです。その話をしてから、クリオネが気になってしかたがない綺羅でした。小さな小さなクリオネを、一生懸命見つめます。
kij5.jpg
 (左)通称ドクター・フィッシュ、ガラ・ルファもいます。「チュゥしてくれるオシャカナ!」と綺羅は喜びます。でも子供には、やはりなかなか来ないような?(右)水族館外の広場では、時折イベントが開催されています。この週末は、パン祭り。北海道のパン屋さん達が軒を並べていました。千歳市向陽台のイタリア料理店「リピエーニ」も出店していました。パンはご予約のみで買えます、ということでしたので(2009年11月に伺った際の情報)、まずはお電話でご確認をどうぞ。お店の公式サイトはこちらです→リピエーニ
kij6.jpg
 どれにしようかな…と迷っていた私の目に飛び込んできたのは、このチョコレート色のベーグル。原材料もチェック。無添加です。「これに決めよう」と試してみると、美味しかった!聞くとこちらの「なごみの食卓」とは、札幌で著名な料理研究家である坂下美樹さんという方が経営されているとか。お料理教室やカフェとしても機能していると言うので、食の複合施設のような場所でしょうか。街の真ん中でアクセスも非常に便利。
kij7.jpg
 (左)4合のご飯を炊く私の実家の朝食は、なぜかパン。私は食欲がないかと思えば大食いすることもある、雑食派です。でも、綺羅の朝食の支度の必要がない時は…少しでもたくさん寝ていたい、とベッドでゴロゴロ。(右)お昼過ぎ、綺羅の大好きなピザを食べに「ミルクのアトリエ」(過去日記「まだまだ平気/巨峰にBBQ、ミルクのアトリエ」へ行きました。写真は、お店のすぐ外で和んでいる牛達。
kij8.jpg
 チーズも作っているこちらで頼むトマトパスタには、こんな大きな白いかたまりが!嬉しいですね。熱々を絡めると、どこまでも伸びます。「トマト!チーズ!バジリコ!パスタ!」。綺羅の好きな物しか入っていません。よかったね!
kij9.jpg
 いよいよピザが運ばれてきましたよ。外せないマルゲリータと、もう一つはビアンコにしてみました。
kij10.jpg
 その後、チェルヴォのお隣にオープンした「ジジ」(過去日記「10,000,000,000番目に、好きだよ」)へダイナミックなジェラートを食べに行きました!ううーん、書いていたら明日にでも食べに行きたくなってしまった。困ったなぁ…
kij11.jpg
 こちらは、綺羅の創作料理。黄色と赤のパプリカを細く切って炒めたもの。塩を一振りしただけのシンプルさ。その名も、「虹ニジ体にいー」!かなりのお気に入りで、頻繁に作りたがります。寝る直前に、突然閃いたように「ニジニジカラダニイー、作る!」となることも。
kij12.jpg
 次の日は、円山動物園へ。母に頼らず、自力で来ました。車がないので、千歳からだと@JRで札幌までAバスで円山動物園へ、というのが一番楽です。新札幌で地下鉄東西線に乗り換えて「円山公園」下車→バスか歩きもありますが。バスの時間さえ合えば、前者の方が楽ですね。動物園内、「レ・ディ・ローマ」という移動ジェラート屋さんにて私はトマト(シャーベット)とチョコレートを。キランボは、いつものバニラ!
kij15.jpg
 綺羅のお気に入りの場所の一つ、「こども動物園」。羊やウサギ、ニワトリなどがいるんです。あれ…クジャクって、ミニ動物園に普通いますっけ?どちらにしても、孔雀は私の好きな鳥。近くでじっくり観察させてもらいました。
kij13.jpg
 (左)まん丸になって眠る姿が、大変愛らしいです。(右)眩しいしかめ面が、この絵のシチュエーションにマッチしていますね!?
kij14.jpg
 (左)赤ずきんちゃんになっているのが、わかっているのかどうか?でも「悪くないわ」といった表情。(右)苦手な大人の方も多いでしょう、ティーカップです。私もその一人。「たくさん回さないようにしようね」と綺羅と固ぁく約束してから、乗り込みます。
kij16.jpg
 (左)カバヤ主催のイベントがありました。「カバ車」というのが復刻されたとかで、展示されていましたよ…写真がないのが残念なのですけれど、このカバ車は1950年代にカバヤキャラメルの宣伝車として活躍したそう。写真入りで紹介されているカバヤのサイトです→「おかげ様で創業60周年 カバ車が復刻しました(右)夕方、近くに住んでいる倫子に迎えに来てもらい、彼女のお家へ。見せてもらったアコーディオンに、興味津々!装着してみると、こんな姿になりました。
kij17.jpg
 続いて、ダンスダンスレボリューション対戦に突入。これ以上はないほどにコーフンの綺羅。私は倫子の超絶技巧に舌を巻くばかり…
kij18.jpg
 夜ご飯は、根室花まるの南郷店に。お寿司が好きではない綺羅ですが、回転寿司なら唐揚げも食べられます。そしてもちろん、お財布にも優しいのが嬉しい!写真のネタは確か、たらばの内子と外子。ここまで車で送ってくれた倫子に感謝です。どうもありがとう!しかもお勘定はワリカンしてくれたし…私が20皿くらい食べたにも関わらず!ごめんね。そして、ごちそうさま!北海道記、その2に続きます。
posted by 裕美 at 22:26| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クリオネの話、感動したー。
ジョンは、キラゴローをがっつり怒ることって少ない?
私はいつも怒ってばっかりで、クリオネの頃を思い出して優しくしなければと、ちょっと考えさせられたよ。

マジメコメントでした。
Posted by ひろこ at 2009年12月06日 11:47
ひろこ、こんにちは!

ガッツリ怒ること、ないわけないでしょ!?しかもその後、ものすごく自己嫌悪…だって、その子のためだけを想って冷静に注意だけできればいいのに、どうしても自分の感情を優先させてしまったりするものね。手はあげなくても、言葉の暴力ってあるよなぁと嫌な気持ちになるよね。

次の日記の最初に、そのクリオネの気持ちを書いてみるよ。よかったら、読んでね。ひろこも、「おぉー、そうそう」って共感してくれるかも。
Posted by 裕美 at 2009年12月06日 12:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。