2009年11月06日

変化ではなく革命を 〜2009年新年会

 私(36歳)の青春時代の背景に流れていた音楽といえば、ヘヴィーメタルやハードロックです。先月25日の日曜日、前々から楽しみにしていた映画「アンヴィル!夢を諦めきれない男たち」(興味ある方はどうぞ→公式サイト)を観に行きました。副題の通り、25年前にブレイクしかかった(けれどダメだった)メタルバンドの軌跡を記したドキュメンタリー。いにしえの伝説的存在として、自身の過去の栄光を慈しんでいるのかと思いきや…なんと彼らは、今でも変わらず成功への崖を登る方法を模索中。そんなメンバー達をオンゴーイングで追った作品です。東京23区内では、上映場所はたった一つ。どのミニシアター系かしら?と思ったら、なんと六本木ヒルズの映画館です。当日の上映は19時半〜と22時〜の二度のみ。公開二日目だったせいか、最初の回は完売でした。22時からのを観ることに…。上映終了後、夢を諦めないことも大事ですけれど、何より仲間の存在ってエッセンシャルだと気付かされました。今年の新年会の写真達を眺めていると、皆と一緒の時間が思い出されてついつい笑顔になります。
kns1.jpg
 千葉県柏市にある洋菓子店「オペラ座」のロールケーキ。超がつく人気だとか…予想以上の美味しさに皆が大喜び。一瞬は大粒の栗(左)に惹かれますが、個人的には抹茶の方(右)が印象が強かった。シンプルなのに、すごいです。こんな大きなお菓子2本を、お土産にしてくれた昌子。これを崩れないように、気を遣いながら運んで来てくれた彼女の優しさが、嬉しくてたまりませんでした。

フランス菓子「オペラ座
公式サイト…http://www.opera-za.co.jp/
千葉県柏市つくしが丘4-2-3(東武野田線「新柏」駅より100m弱) 駐車場あり
電話番号: 04-7171-1213
営業時間: 10:00 - 18:00
月・火定休(祝祭日及び振替休日の場合は営業)

kns2.jpg
 私が作るお節の中身は定番の物ばかり。上手に出来てもいないのに、来年こそは…と、クリエイティヴなアレンジを画策するのですけれど結局思いつかないままに新年を迎えます。前にも書いた通り、昆布巻きとカマボコが苦手な私。これだけは、既製品を切って入れるだけ。しかも、適当さが雑な感じで表れていますね。と、思ったら。好きなはずのナマスやゴマメもバラバラーなのでした。
kns3.jpg
 (左)空いている箇所はイクラなどで誤魔化しつつ…。(右)関西出身の友達のことを考えて、たたきゴボウ。しかし千葉出身のたかちゃんが、一番これを気に入ってくれているので嬉しいのです。
kns4.jpg
 (左)先日の日記で紹介した、いただきものの黒豆。余り気味の金箔を散らしてみました。普段のお料理やお菓子には、なかなか使わないもので。貧乏性です。後ろには、薔薇を模したスモークサーモンや塩数の子など。(右)お煮しめ。不器用な私、「カットしやすいから」というだけで花びら6枚のにんじん達。これでは梅の花ではないのですけれど…。しかも6枚にした甲斐もなく、綺麗とは言い難い出来あがり。ベビーコーン入りの煮物って、海外の適当な日本食レストランで出てきそうですが…なかなか合うと思いますよ!?
kns5.jpg
 なんだかんだ言って、買ってきて焼いただけの三の重が一番目を引くんですよね。花レンコン、今年はビーツが手元になくてピンク色にはなりませんでした。いつものごとく、簡単な「構想図」みたいなのを見せて、後はゲストの皆に詰めるのをお願いです。早く到着した面々は、大変!しかも、焼き物に至っては調理も頼んでしまうことに。すみません…。しかし、おかげで素晴らしい出来!私のお気に入りの御三家「甘い伊達巻」「黒豆」「栗きんとん」が大きなウェイトを占めているのがおわかりでしょうか。こういう勝手が出来るのも、手作りおせちのいいところです。
kns60.jpg
 (左)三の重には、イクラ、カニ、海老、出世魚のブリ、そして「うなぎ」上り。(右)食べる前に、記念に一枚。写真嫌いの綺羅は「フンギー」と逃げていますが。
kns7.jpg
 さて、鯛の塩釜。(左)去年と同様、他力本願。昌子に「塩釜が足りない。助けて」と押しつけて、私はカメラマンに。(右)無事、焼けました!ありがとう。
kns8.jpg
 池君の「去年と同じのがいいです。お節…そして、割る魚」という一声により、昨年とほぼ同じメニューになったわけです。では早速割っていただきましょう、「割る魚」を!包丁の柄をブンブン振り下ろして、ようやく成功。引越し以来、カナヅチが見つからないのです。
kns9.jpg
 続いて、池君が持って来てくれたシャンパン開栓。皆怖がって、ボールをパスするように他の人に回していきます。「栓が窓ガラスに当たると、割れてしまうこともある」と聞くと、腰が引けますよねぇ。
kns10.jpg
 (左)昌子も辞退。(右)池君、現実逃避の真っ最中です。結局、恐ろしいながらも(今まで指示のみで全然仕事をしていなかった)私が請け負うことに。何とか物を壊さずに、開けることができました!
kns11.jpg
 (左)私が用意したデザートは、綺羅と一緒に作ったシュー達。雪のように、たっぷり粉のお砂糖を振りかけました。中にカスタードクリームを注入しつつ、重ねていってもらうのは昌子と綺羅に引き続きお願いしました。つまみぐいで半分くらいなくなっていたような…?(右)こちらも池君ご持参の、チーズスフレ。ありがとうございます。
kns12.jpg
 梅の花を買っておいたのを思い出して、突き刺してみたのですが。迎春菓子、とはいかないかな?
kns13.jpg
 あと二ヶ月弱でもう2010年。丑年の私、寅年に憧れたものです。来年はどんな一年になるかなぁ。それより、25年後には私達はどうしているのかしら。アンヴィルのメンバーのように、今と同じ気持ちを持って進化し続けていたいですね。変化はしなくとも、革命は起こさなければ…と、確かヴィクトル・ユーゴーはレ・ミゼラブルで書いていたような。
posted by 裕美 at 18:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裕美さんのおせち、いつ見ても美しいですね。ニンジンなんて、私が切ったら花の形にすらなりませんよ^^;
冬休みに里帰りの予定なので、10年ぶりくらいのおせちが楽しみです♪
ところで、おせちにたたき牛蒡って、他の地方のには入ってないんですか?!
Posted by salahi at 2009年11月07日 10:18
Salahiさん、こんばんは!

いえいえ、普通の方はもっと上手な梅の花にカットできるんですよ…型で抜いて、後は立体的に切ればいいだけですから。それにしても、salahiさんにお褒めの言葉いただけるとは嬉しいです…ありがとうございます!

たたきゴボウ、関東以北でも広く知られているとは思うのですが、あまり見かけない気がします。
もうすぐご帰省ですね。東京に寄られるのでしたら、是非お時間あればお会いしたいです。
Posted by 裕美 at 2009年11月07日 10:31
おせち、美しいね〜。
楽しんで作ってて、いいね。

みかんの皮を入れ物にしたり、シューに梅の枝を刺したりという発想が、参考になるよ。

ほんと、「きれい」!!

また2010年のおせちも見せてねー。
Posted by ひろこ at 2009年11月07日 10:53
ひろこ、たくさんコメントありがとう!この調子でどんどんお願い…って、メールももらってるのに図々しいかぁ。

お節、褒めてくれて嬉しい。まあ見たとおり雑で綺麗とは言い難いのだけれど、「手作り」っていうのが最近珍しくなっているとかで喜ばれるんだよね。自作だとゴマメとかナマスが美味しいし、オススメだよ。

来年も何も目新しいことはせずに同じ中身になるけれど、また写真載せるので是非見て下さい!
Posted by 裕美 at 2009年11月09日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。