2009年10月15日

ママとお星様

 ママ、お星様になったら、キラチャンのお家の上に来ればいい。
そう綺羅が言いました。ちょっと考えて「うん」と答えると、今度は「それでね、キラチャンに電話するの」ですって。「するからね」と約束した途端、ものすごく悲しそうな怒り顔になって「ウソ!!だってお星様、電話できないもん!」と泣き出しました。それを見て、そうだねぇ…と続ける私。「大丈夫!だってママね、お星様にならないんだもん」。それを聞いた綺羅、「ならないの?」と表情を変えます。だって「死」は、自然に学んでいくことだもの。まだ小さなこの子に母親がいつかいなくなるという現実を突き付けるのはきっと、サンタクロースがいないという以上にショッキングなはず。でもそんなことを心配するなんて、本当に大きくなったねぇ!
kkh22.jpg
 ピザを食べに、「ラ・ロカンダ・デル・ピットーレ」へ来ました。距離的にはウィンザーホテルからほんの3kmほどの所にあるのですが、道路を走ると回り回って10km弱くらい?そのすぐ隣にホーストレッキングが出来る「レイクトーヤランチ」にて、「ワンワン!黒いワンワン!」と叫ぶ綺羅。以前来た時に会った犬を覚えている様子…この子が初めて、怖がらずに触れた犬なのです(過去日記再び、北国へA洞爺湖〜ウィンザーホテル(含ミシェル・ブラス!)。すっかり雪で覆われた乗馬場を見て「閉まってるねぇ」と苦笑いを見せた母と私。しかし綺羅は嬉しそうに遠くに見える犬をすぐに指さしました。
kkh23.jpg
 今までどうしてもおっかなびっくりだったのに、小さくはないこの犬をなでなで出来たのは不思議。何にしても、仲良しの姿を見られて嬉しかったです。やはりまだ、微妙な距離感が…
kkh24.jpg
 やっとレストランに入りました。(左)くねくねのストローに興味津々。(右)窓から見える雪景色が美しいです。
kkh25.jpg
 (左)そろそろ待ち切れなくなって来ました。スプーンとフォークで「はーやーくー」。こらこら。(右)到着!定番の注文は、トマト、モッツァレラチーズ、バジリコのマルゲリータです。
kkh26.jpg
 チーズがびよーん、と。収拾がつかなくなって、手伝ってもらいます。
kkh27.jpg
 (左)ジェノヴェーゼのパスタも頼みました。綺羅がバジリコ大好きなのです。(右)店内に飾られた、ダイナミックな花達。
kkh28.jpg
 (左)一気に華やかになったテーブル、見上げると…静かな佇まい。(右)花瓶も素敵。
kkh29.jpg
 美味しくいただきました。ピザは、本当にお気に入り!
kkh30.jpg
 (左)以前、お花屋さんのあられちゃん(彼女のブログ→「バンビタウンde花屋とあそぼ」)に名前を教えてもらったカナリヤナス。モントリオールの飲茶屋さんで生けられていたのですが、こんな所で再会です。
kkh31.jpg
 (左)こちらは自宅のサロン…なわけはなく、こちらはウィンザーホテルのロビーです。また戻ってまいりました。(右)ヴァイオリニストとピアニストの方にも再会。
kkh32.jpg
 (左)こういう綺羅の顔が好きだなぁ!!瓶牛乳を飲み干す至福の時。(右)外は真っ白の雪景色。こんもりです。
kkh33.jpg
 (左)大きなのっぽの時計がありました。古時計かどうかはわかりませんが…アンティークのようでもあります。(右)再訪問の理由は、こちら!この日はミシェル・ブラス・フェアの一環として、子供達への食育イベントが催されたのです。無料なんですよ。
kkh34.jpg
 (左)フランスが誇る産出物、ワインとチーズ。ワインの出来る過程をボードに描いて説明してくれているところです。(右)大好物のはずの、チーズ。しかし緊張のあまりか、手が出ません…。
kkh35.jpg
 (左)フランスでよく使用される野菜・果物と日本でもお馴染みの食材両方が並べられ、比べながらのお話が進んで行きます。(右)食用花のよい香りを体験。
kkh36.jpg
 (左)ニアックも出てきました。前回の日記にもありますが、ニアックとはブラス氏オリジナルの「味や色によって、料理にちょっとした衝撃を添える物」です。(右)実は彼は、ミシェル・ブラス日本店の次期シェフのJohan。現在はシェフとして忙しくされているはずです。
kkh37.jpg
 (左)「さて、これが何だか知っていますか?」「東京タワー!」。大きな声が響きます。こういう面白いことを言う男の子、いるのよねぇ…と顔を向けると、元気よく叫んだのは、なんと綺羅!「だってそうじゃない!」と自信満々の様子で、威勢のよさは衰えず。私も思わず苦笑いならぬ大笑いでした。(右)続いて、もう一つのお楽しみであるお菓子教室が始まりました。
kkh38.jpg
 (左)帽子がちょっと大き過ぎるけど…。(右)あらかじめ用意されたクッキー生地を丸く平たく並べていきます。個性豊かでしょう!
kkh40.jpg
 次に、型抜きクッキーに取りかかります。楽しくてしかたがないのですが、笑顔の余裕はとてもありません。
kkh41.jpg
 (左)自分より少し小さい女の子を見る度に、色々教えたがる綺羅です。(右)最後にオランジェットやバナナのチョコレートがけも作り、大喜び。
kkh42.jpg
 (左)皆での記念撮影に間に合わなかった私達を気にかけてか、ブラス氏が「撮りましょうか?」と申し出て下さった一枚。(右)次は、こちらが「一緒に写して下さい」とお願いする番。
kkh43.jpg
 (左)ご自分のお孫さんの写真達を見せて下さいました。嬉しそうに、お顔をほころばせながらの説明。(右)帰りのご挨拶。綺羅はクッキーに夢中!
kkh44.jpg
 (左)さぁ、いよいよクラスも終わり…もう11月で路面が凍結していて危ないとのことで、母は先に車で帰っていました。私達は、バスと電車を乗り継いで帰宅。数時間かかります。(右)家で、お菓子教室の様子を再現してくれています。ずいぶん楽しかったよう。よかった!
kkh45.jpg
 いただいた、レシピや集合写真。これは助かります。
kkh46.jpg
 巣鴨に戻って、栗のスープをいただいたレシピ通りに作った時の写真です。ちょうどオーロラ姫の衣装を着ていました。下のシャツがばっちり見えているのが、なかなかいいアクセントでしょう!?こんな姿を見せてくれている限り、ママは絶対にお星様にはなれません。
posted by 裕美 at 08:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして こんにちは、

いつも、いろいろな食べ物の写真とかわいいきらちゃんと、綺麗な裕美さんの写真を楽しませてもらっています。 いつも感心させられるのが、写真の撮り方のセンス。ほんとにおいしそうに撮れてます…
 
北海道も寒そうですね、、モントリオールが恋しくなりませんか?


実は、裕美さんがモントリオールにいらっしゃった頃からずっとブログを拝見させてもらっていたのですが、今日が初コメントでした。

Posted by Lilou at 2009年10月27日 09:29
Lilouさん、はじめまして!

モントリオールの頃からということは、もう二年以上ですね!読んで下さって、大変ありがとうございます。嬉しいです。

写真は、典型的なヘタの横好きなんですよ…実物はもっと美味しそうなんですよ。これの数倍増しと想像してご覧になっていただければ幸いです。

ちょうど今また北海道に帰省中なのですが、そろそろ寒くなって来ましたね!だけどモントリオールの冬の方が、やはり厳しいんです。とは言え、あの生活が恋しい気持ちが強くあるのも確かなんですよねぇ。Lilouさんは、カナダにいらしたことがありますか?
Posted by 裕美 at 2009年11月04日 12:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129897418

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。