2008年10月27日

素敵な失恋

 シィン…とすると不安になって、「ねえ、私のこと愛してる?」と耳打ちする。呼んだ時にすぐ来てくれなかったら、「私のこと好きじゃないの?」とショックを受ける。相手が気付かない時に、ドアの隙間などからじっと見て見ぬふりで観察している(微笑付き)。星占いで、自分の星座よりまず相手の星座をチェック…。これらは何も、振られる三日前の女性の行動パターンではありません。私が綺羅に対してすること、感じることの一例です。子供に対する気持ちって、一種永遠の失恋状態に重なる部分があるかなぁ?と考えることも多々あったり。
bor66.jpg
 さて、今回の帰省中にまた旭山動物園へ行きました。まずは北海道の真ん中を目指してグングン北上します。まずは、岩見沢の手前にある喫茶店でエネルギー補給。いちごのアイスのあんみつとか、色々と。
bor67.jpg
 ゴンタはいつでもどこでもバニラ一辺倒。頑固一徹なのですが、こちらのお店では旬の苺ソフトしかなかったのです。もちろんこの子は一口も食べず…野菜など他の物に好き嫌いを言うのはちょっと困りますが、お菓子関係は多少の嗜好があってもいいかな。かわいそうだったので、途中に他でバニラを見つけてあげました。
bor68.jpg
 黒い粒、粒、粒。バニラビーンズたっぷりです!いい気分になったのもつかの間…何と言っても、旭川到着は4時15分。入園締切に駐車場に入った感じです。当然、「動物園、行きたいよー!」と大泣きの綺羅ンタ!困ったねぇ、と弱っていると、ほどなく見つかったのがこちらのポニー牧場でした。
bor69.jpg
 コーフン!コーフン!自分が何かの役に立っているのが、たまらなく嬉しい綺羅です。私達大人にとっては小さなポニーも、この子には威風堂々とした「おんましゃん」。自分がママにでもなったかのように、二重あごで張り切ります!
bor70.jpg
 (左)「こっちへおいで」とでも言わんばかりの仕草。何だか異様な迫力があります。(右)中にまで入って、餌をあげて。楽しくて仕方がないのでしょう。
bor71.jpg
 (左)しかしすぐに帰る時間。だけどもう泣きません。お姉ちゃんになったものですねぇ。(右)夜は、私の旭川で一番の楽しみと言ってもいいほどの「四・六 ひさご鮨」さんへ。お寿司が本当に素晴らしい!しかも安いです…もちろんこのお値段ではなくたって、私はこちらへ伺うことは間違いありません。実はイクラがあまり好きではない私ですが、ひざご鮨では美味しく食べれてしまうのですよね。そして言うまでもない、こぼれるウニ!
bor72.jpg
 どれもお口の中でとろけます。ですから、一通り出していただいた後に、どのネタを追加注文しようか迷ってしまうんですよねぇ。うーん。
bor73.jpg
 (左)貝類が好きな私ですが、こちらのホッキはいつまでも忘れられないものです。(右)いいお顔されているでしょう?お鮨のことを話されている時です。
bor74.jpg
 (左)最後はつぶで締めました。いい夢が見られそうです…旭山の動物達も出てきそうですが。(右)生花のある空間っていいですよね。結構人気のお店でも、これがないとなぜか少しガッカリしてしまったり。こじんまりとしたお店がお花を生けていると、ああこだわっているんだなぁって嬉しくなります。
bor75.jpg
 綺羅は酢飯が好みではないようで、いつも食べません。だけど、雰囲気は大好きみたいです。だって生き生きしていますからね!?しかし、よく喋る喋る。お酒は飲めないくせに、俗に言う「飲み屋」の雰囲気が好きで、いつまでもお喋りを止めない誰かに似ています…そう、私です!カエルの子はカエルですね?(右)北海道弁の一部が紹介された湯のみ。綺羅は完全に北海道の言葉を話します。「ゆるくないねぇー(=緩くない→「きつい」という意味)」「〜じゃないかい?」「〜っしょ」「〜さ(「〜だよ」の代わりに)」「南蛮(唐辛子)」…。私が好きな北海道弁は、めんこい。「かわいらしい」という意味です。
bor76.jpg
 (左)折り紙の鳥をいただいて、真剣にお話を伺っているところ。あまりに真剣過ぎて、笑顔が浮かびません!私が子供の頃に愛読していた「折り紙図鑑」には、これは「羽ばたく鳥」という名前で出ていました。ああ、懐かしい…。尾を引くと、羽が動く仕掛けになっているんですよ。「こーんなに大きな紙で折ったら、綺羅ちゃん乗れるねぇ!」と大きく大きく両腕を広げる綺羅。それに対して、そうだねぇー!と本気で考えた私です。この子がどんなに喜ぶかなぁ、なんて。(右)ごちそうさまでした、また伺わせていただきます。旭山動物園を訪れる方も多いと思います。その際は、是非こちらのお寿司屋さんへ足を運んでみて下さい!

ひさご鮨
北海道旭川市4条通6丁目7(JR旭川駅からおよそ700〜800メートルの距離)
電話0166-22-3727(不定休ですので、営業されているかお電話でご確認をどうぞ)

bor77.jpg
 前の晩はなかなか夜ふかししていたくせに、「旭山動物園行こうか」と耳元で囁いたらパチッと目を開けました!(右)ようやく、鼻の先がおでこよりも高くなってきたかな?
bor79.jpg
 私はこのホテルが大変気に入りました。若い頃にヨーロッパ旅行で私が常用としていた、「小さくて古いけれど、機能的なお部屋達」と同じ雰囲気を醸し出していたのです。それはダークな床のせいだったり、大柄な花のベッドカバーだったり、錆びた格子窓だったり、そこだけ浮いているTVだったりするのでしょうけれど。(右)動物園入場!…そうだった、無料駐車場側、東門をくぐった先には長めの階段があるのでした…。しかしこちら側の入り口でなければ、美味しいソフトクリームやプリン、そして市内の和菓子屋さんの販売している大福を置いているお店達がないんです。bor84.jpg
 (左)旭山動物園の大福と言えば、動物達の姿を模した物の方が有名になっています。でも私の大好きなのは、東門入ってすぐ左側のお土産屋さんのレジ前に置いてあるこの「もち処一久 大福堂」の長い大福。中に餡の入っていない種類以外、全て制覇させていただきました。もちろんこれからも食べますよ!(右)ホッキョクグマが呼んでいます…
bor83.jpg
 笑顔を浮かべるでもなく、ただただ真剣にホッキョクグマを見つめる綺羅。実は私、ホッキョクグマを至近距離で目にすることが出来たのは今回が初めて。いつもものすごい混みようで、体が大きい私は他の子供たちの視界を遮ってしまうようで何だか前には出られませんでした。ところがこの日は比較的場所に余裕があり、(やはりググゥッと頭を肩にめり込ませてしまいましたが)綺羅の後ろの二列目で観賞するチャンスに恵まれました。目前に迫るホッキョクグマも感動的に美しいですが、それに対して真剣な眼差しを向ける我が子を至近距離で眺められるっていいですね!
bor80.jpg
 (左)チンパンジーが天井部分にビッタリ…。(右)猿山内に設置された遊具と同じ物が、すぐ外にあります。猿達がどんなに運動神経に長けているか、そしてその身体能力に恵まれているか、知ることができますね。
bor81.jpg
 石橋を叩いて叩いて、更に叩いてからでなければ渡らない綺羅。しかし最近、なかなか度胸が芽生えて来ましたよ!本人も少し得意そうです。
bor82.jpg
 (左)ばぁばの手を借りながら、それでもしっかり何十分かは遊びます。ゆっくりゆっくり、出来るようになればいいね。まずは、楽しまなくては!(右)「ふぅー、いい汗かいたわ!」。で、ソフトクリーム。
bor85.jpg
 私がモントリオールに渡った頃にヒットしていたJewelの「You Were Meant for Me」という曲は、失恋状態の核心をついていて驚愕が称賛に値しました。起床時の現実の悲哀に引き戻される瞬間と、考え込んでしまう就寝時。鏡はきちんと拭いて、鍵も鍵穴に忘れず、使ったタオルを拾ってくれる人はもういないから元通りに…。思い切って雨の中に映画を観に行ってみたけれど彼が隣にいないので余計寂しくなってしまう、とか。寂しいけれど友達に電話するのは悪いので、母親に「元気?」と突然電話してみる心理状態とか。「ああ、わかるなぁ」となることしきりです。この歌は本当に好きでした。これはもちろん私に限ったことではなかったので、モントリオールのお店などでこれがかかるとサビの部分でどこからともなく誰かが「You were meant for me...」と口ずさむ声が聞こえてきて。私も「And I was meant for you...」と思わず続けてしまったものです。
posted by 裕美 at 08:00| Comment(14) | TrackBack(0) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
裕美さん、ご無沙汰してます。

8月に旭川で美味しいものをたくさんいただきましたが、「ひさご鮨」さんにはまたも行けませんでした…。残念

http://kazunori.livedoor.biz/archives/2008-08.html
Posted by kazunori at 2008年11月01日 05:15
定吉です。こんにちは。

裕美さんはもしかしたら、ひょっとして公務員さんかしら? それも区役所とか区の都税事務所とかいうヒマでシケタ役所じゃなくて、文部科学省とか、外国語ができるからもしかしたら外務省とか。下の文章の言葉づかいを見て、ふっとそんな気がしました。

内容のある事柄を身振りの小さな言葉で、たとえば「感動した」なんかじゃなくて「じ〜んとしてしまった」みたいな日常的な言葉で表したほうが、私はよく伝わると感じています。

「失恋状態の核心をついていて驚愕が称賛に値しました。起床時の現実の悲哀に引き戻される瞬間と、考え込んでしまう就寝時。」

私だったらこう書きます。「恋に破れた時の気持をいまく言い当てていて、初めはびっくりしたけれど、そのうちなるほどなあと感心した。朝、目が覚めてああまた一日が始まるのかといううんざりするようなあの気分と、夜布団にはいって眠ろうとするときのとりとめない物思い・・・・」

お役人がしもじものため教えてくださる文章の、あの分かりにくさ!

はずれていたらごめんなさいね。
Posted by 定吉 at 2008年11月04日 02:13
裕美さん、お久しぶり!
しばらくブログはお休みされてるのかな〜と油断してたら(しすぎだけど)いつの間にかたくさん更新されてました^^;

それにしても綺羅ちゃん、大きくなったねぇ!
もう幼児期を脱して、すっかりお姉ちゃん期に突入!?
髪も伸びて鼻も高くなり、美少女っぷりにおばさんため息だわぁ。
(私はこの頃にきっと鼻を強く打っている!)

「めんこい」は北海道でも言うのね。すっかり東北弁だと思っていました。
仙台にいた時は地元の友人が「めんご〜〜い」って発音するのを真似てました^^
Posted by mocataro at 2008年11月04日 22:35
kazunoriさん、お久しぶりです!

ひさごさん、是非次回こそはお試しになって下さい…グルメなkazunoriさんのような方でも、気に入って下さると思います。

kazunoriさんのブログ、相変わらず各地の美味しそうな物がたくさんですね。甘い生活、という言葉がピッタリです。
Posted by 裕美 at 2008年11月06日 18:03
定吉さん、こんばんは!

あいにく私は公務員ではないんです…ボケッとして身の回りのことが出来ない雰囲気を醸し出しているからでしょう、カナダでもよく「主婦です」と伝えると驚かれたのを覚えています!いい大人がそんなですと、本当に恥ずかしいですね。

定吉さんは、心を打つ表現がお上手ですね。文章を書くお仕事をされているのですか?
私は昔から作文などが下手でしたから、羨ましい限りです。読書感想文など、無理矢理マスを埋めようと句読点を乱用していましたから…。

年を重ねるに連れ、日常の出来事に慣れ過ぎてしまって新鮮な感情を持つことが出来なくなっているのかも知れません。もちろんおいくつになられてもそうではない方もたくさんいらっしゃるわけですから、私も瑞々しい気持ちを取り戻せるよう努力していきたいですね。
Posted by 裕美 at 2008年11月06日 18:11
Mocaちゃん、お久しぶり!私の方は結構Mocaちゃんを思い出しているよ…例えば、それでわざわざHigashiya Saboとか行ったものねぇ。と、結局自分の食欲にMocaちゃんへの思いを利用させていただいているのですが。

綺羅、大きくなってしまったねぇ…淋しい感じもすごくしてしまうね!いつまでもコロコロしていてほしい気がするよ。あ、でも今は「ゴロン」になったけれどね。ピグモン→ガラモンといった趣かも。鼻はね、やっとおでこより高くなったのです。髪の毛は私の意図でどこまでも長いので、いつ切ることやら、だね。

めんこい、東北でも使われているんだ!「めんごーい」は、きっと函館の方では言われているような気がする。後は、「はっちゃき(必死)になって」「おだって(調子に乗って)」とかも両親の世代はよく口にしているかも。
Posted by 裕美 at 2008年11月06日 18:23
裕美さん、こん**は。
寒くなってきましたね。お嬢ちゃんの綺羅ちゃんともどもお元気ですか? あいかわらず美味なるもろもろを豪快におあがりになっている様子に感嘆しています。

いよいよ寒くなると、好きこのんでなったはずではないに違いないホームレスの人たちをどうしても思ってしまいます。さぞ辛かろうとね。家でぽそぽそ文章を書いて明け暮れを送っている私ですら、夏のほうがはるかに
暮らしやすい。Porgy & Bessの作曲家ガーシュウィンもSummertimeという歌で Summertime and the livin' is easy.

けど、ホームレスという言葉はもともと、アルプスの少女ハイジのことなんですよね。ふるさとheimat (home)を失った los (less)だから、ハイマートロス。ハイマートという甘く懐かしい言葉に「失う」がついてるから、甘く懐かしくて、ちょっと悲しい響きがあるいい言葉なのに、それがいつの間にか古事記になちゃった。

今度の金融危機騒ぎであたしゃいい気味だと胸のつかえがおりたような気分になっていることがある。普段あまり接触はないけど、40台で外資に勤めていたのを2人知ってる。ガキを年間400万くらいかかる麻布の某インタナショナルスクールに通わせ、住んでいるのは恵比寿とか目黒の200平米超のマンションで家賃は100万以上だが会社の負担。年収は4000万とか4500万とか。税金を納めるのがイヤだから節税対策と称して都内一等地にある不動産を買いまくっていた。事実上の脱税。年収が600万とかそこらの平均的サラリーマンなんかは人間じゃないみたいな鼻息だったのが、2人とも今度の騒ぎでクビになってあわてふためいている。

フィリピン人やベトナム人の複数のメードを使って贅沢になれていたカミさんどもは、無職になった亭主にもう用はないからと、貯め込んだヘソクリをはたいて国際弁護士を雇って離婚訴訟を起こしてる。こういう例は、まだたあくさんあるはずです。裕美さんには該当しないでしょうから遠慮なく書き立てました。

あまり長いと読んでもらえないでしょうから「つづく」にしておきます。それから、呆人さんが11月の初めにユーメイサカイヲコトニしました。ほんとに、あっという間でした。まだお元気だった頃、「裕美さんという人は、これと決めたら目標に向かってバクシンする方とお見受けした。一度ご尊顔を
拝したかった」と漏らしておいででしたよ。合掌。

定吉
Posted by 定吉 at 2008年11月18日 20:59
ルバーブパイ レシピ 
で検索してたどり着いたのですが、
美味しそうな食べ物や可愛らしいお子さんの写真で幸せなきもちになりました!
Posted by 通りすがり at 2008年12月15日 18:41
通りすがりさん、はじめまして!

こちらのブログを見つけていただき、嬉しい気持ちで一杯です。コメントまでいただけて、本当にありがとうございました。

ルバーブパイを作られたのですね?美味しいですよね、私の一番好きなパイです。

よろしければ、またコメントを残して下さったらいいな…と願いつつ、結びます。
Posted by 裕美 at 2008年12月30日 22:27
はじめまして。突然コメントすみません。
「ファームウメムラ」さんを検索していて、たどり着きました。
もちろん、裕美さんとも綺羅ちゃんともお会いした事はないのですが、実は、数年前にも偶然このブログを拝見したことがあるんです。
実は、ひさご鮨の娘です(笑)。
以前に親に聞いてみたら、「綺麗なお母さんとカワイイ娘さん」と、覚えていましたー。
今年の夏は4ヶ月ほど休業しておりましたが、現在は営業しておりますで、機会があれば、またよろしくお願いしますー。
Posted by yuki at 2010年10月21日 14:50
yukiさん、はじめまして!ひさご鮨の娘さんですか!?光栄です…そんなに外食に行くことのないような(しかも、このブログでは回ってるお寿司を頻繁に紹介しているような)私が言っても何の賛辞にもなり得ませんが、未だにご両親のお店より美味しいところには出会っていません。

私もお母様のお話、しっかり覚えていますよ。「娘が見つけてくれたの!」って嬉しそうに、プリントアウトした私のブログのページを見せて下さいました。本当にありがとうございます。私達のことも、忘れないでいてくれているんですね?近くて遠い旭川ですので、運転免許のない私はなかなか足を延ばせません。でも旭山動物園に便乗して、必ず行かせてもらっています。
しかし4ヶ月間休業とはどうしたのでしょうか。勝手ながら、心配してしまいます。

お母様のお言葉で特に印象に残っているのが、最近の若い人達に対してのコメントです。「たくさんピアスしたりとかの過激なファッションの子達に、どうしてそんな格好するの!?ときいてみたら、これが私達の表現方法、ステートメントだと言うの。なるほどね、と思った。綺麗にブランドで固めてる20代の人達より、よっぽど自分を持ってる。きちんとした考えがある」って笑顔で語って下さいました。素敵な方ですね。
Posted by 裕美 at 2010年10月22日 09:59
裕美さん、お返事ありがとうございます!
ウチの店も気に入って頂いたようで、嬉しいです。

今夏は、10年ぶりに北海道で過ごしました。(思ったより暑かったですけど・・・)
6月に母が亡くなり、続けて父が入院したりで、大忙しだったんです。

なので、母の事を知っていて下さる方に、母の言葉など、色々聞けて、少し幸せな気持ちになりました。
嬉しかったので、今日の私のブログに、この事を載せちゃいました。(あ、名前やブログ名は出してません)
もし、お時間があれば、寄ってみて下さい。
本当にありがとうございました。
Posted by yuki at 2010年10月22日 21:32
裕美さん、お返事ありがとうございます!
ウチの店も気に入って頂いたようで、嬉しいです。

今夏は、10年ぶりに北海道で過ごしました。(思ったより暑かったですけど・・・)
6月に母が亡くなり、続けて父が入院したりで、大忙しだったんです。

なので、母の事を知っていて下さる方に、母の言葉など、色々聞けて、少し幸せな気持ちになりました。
嬉しかったので、今日の私のブログ”yuki’s tulip”に、この事を載せちゃいました。(あ、名前やブログ名は出してません)
もし、お時間があれば、寄ってみて下さい。
本当にありがとうございました。
Posted by yuki at 2010年10月22日 21:35
Yukiさん、こんにちは。
週末は忙しく、ブログを触ることはできませんでした。大事なコメント残してただいたのに、ごめんなさい。

そしてね、まだゆっくり時間が取れませんので早足で読ませていただいたのが申し訳ないのですが…本当に驚きました。ドキドキしながら、yukiさんの文章を目で追いました。
勝手なことを申し上げるのは心苦しいのですが、私は信じたくありませんでした。数度お会いしたことがあるだけの者がこんな風に発言するのは勝手なのですが、是非一度「おかみさんのあの時のお話ね、すごく感動したんです」って伝えたかったです。

これもしゃしゃり出るような意見で悪いのですが、本当に悲しいです。綺麗に「お気の毒です。でも、充実した人生を歩まれたことでしょう」などとまとめられればいいのでしょうが、何だか、そうですね…辛いです。お父様のね、手をつないだお気持ちを考えると、そして気丈に報告されているyukiさんを想うと、いてもたってもいられなくなります。

何度読み返しても、とても信じられない思いです。今更知って遅過ぎるくらいですが、心の底からお悔やみ申し上げます。これからも長生きしていただきたかったのに、残念でなりません。
Posted by 裕美 at 2010年10月25日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。