2008年07月03日

桜は続く。

 桜の花は控えめながら、満開時には異常な迫力を醸し出します。しかしその時期に少しだけ先駆けて艶やかな姿を披露する木蓮がいます。気付けば儚げに肩に乗っている桜は美しいですが、突然ボカンと頭を殴って来る木蓮の大きな花びらっていいですよね。「散る」という切なさはなく、まさに重力に負けての落下という感じ…唐突な書き出しですが、その頃から更新を怠っていたこのブログです。取り敢えず、順を追って五月の北海道旅行から綴りましょうか。
dkh1.jpg
 羽田空港にて。浅草の洋食屋「ヨシカミ」さんが入っています。最初はオムライスのみの注文、しかし…我慢できず、「ハヤシライスも頼んでくる!」と立ち上がる私。いつもの展開に、慣れた様子のキラスケ。
dkh2.jpg

 機内に入ると、気分が一気に盛り上がります。思わず写真をパシャパシャ…「電子機器のご使用はお控え下さいね」と穏やかに諭され、「そうでした…」とハッとした私。ごめんなさい。しかも写真大嫌いの綺羅はご機嫌ナナメに。あーあ。
dkh3.jpg
 しかし、「ママみたいだねぇー!」と言われるとマンザラでもない感じです。そう、嬉しさをグッとこらえていますがこれがこの子の喜んだ表情の一つ。「無骨な自分で、すみません」…。
dkh4.jpg
 実家は「綺羅ちゃん一色」で、夕食の席に仮に私がいなかったとしても気付かれないのでは!?といった状態ですが、到着直後はまだ少し私の価値も残っています。それを大いに利用して、空港から家に向かう途中、通り道にある大型スーパー「ポスフール」で車を少し停めてもらうのですよ。だってそこに、六花亭があるから!空港でここの商品をお買い上げの方が多いですが、私は断然この支店に立ち寄ることをオススメします!市内ですので、手軽に立ち寄れるんですよ。ここでは当然、「マルセイバターサンド」や「ストロベリーチョコ」、「さくさくカプチーノ霜だたみ」以外のお菓子が見つかります。上の写真は、5月の季節商品「八十八夜」。「愛知県下山で有機栽培された抹茶でつくるこし餡入りのお団子です。別添の抹茶をふりかけてお召し上がりください」と表面に記述がありました。こういった季節限定商品や月替わりシフォンがまたたまらなく美味ですので、絶対に逃せないほど。ちなみに、7月はこういった感じです→「季節商品 7月
dkh5.jpg
 夜は駅前食堂「ちとせや」へ。山菜がたくさん出てきて、嬉しかったです!この時期の北海道に来ると、ついつい木々の中に「たらの芽」を探してしまっているほどの山菜DNAを持っている私…とは言え、全然詳しくないのが残念です。だって実は、いつもクマの臭いにおびえながら「帰りたい…」と震え上がっていたのですから。(左)菜の花。(右)「しどけ」です。偶然にも上野で売られていましたが、岩手県で採れるようですね?追分という村付近にも自生しているんですって。
dkh6.jpg
 どんどん出てきます!三つ葉などの定番種もまたよし…
dkh7.jpg
 「これ、食うか?」と出して来てくれたのが、北寄貝。はい、遠慮なく食います。
dkh8.jpg
 (左)素焼きのタケノコ。この時は、まだ出始めだったんですよ。(右)お土産は、六花亭のシフォン。抹茶ですねぇ。私にとって、この中に入った大納言小豆が全て。本当に!美味しいです。「よもぎシフォン」や「さくらシフォン」にも入っていたような?
dkh9.jpg
 そして、ゴールデンウィークの最中にお出かけの私達。張り切って車を走らせましたが、取り敢えず何か食べなくてはね…で、焼き肉です。「寿々園 OHANA」(北海道千歳市豊里5-2-8 電話0123-27-2990 地図はこちら→寿々園OHANA)があったので、そこへ!(右)私にとって焼き肉屋とくれば、「骨付きカルビ」などではなく「レバ刺し」です!で、迷うことなくユッケレバ刺しを注文。
dkh10.jpg
 左は、「赤ベラ」という豚の咽の部分のどこか…。このように、少し変わった部位を選びました。
dkh11.jpg
 (左)焼肉屋さんのご飯…と言いますと、やはり白いご飯でしょうか?私はビビンバが大好きなんです。どうしても、どんなにお腹がいっぱいでも、頼まなくてはガマンできないほど!(右)GW中でしたが、私達の目的地には誰の姿も見えません!「白老温泉ホテル」です。夕方が近づくと、だんだん入っていらっしゃる方も増えました。
dkh12.jpg
 千歳屋、再びです。あこちゃんが一生懸命「何か」を組み立てていました…BBQグリル(と言う?ロースターなのでしょうか)です!週末に、お花見がてらバーベキューするためにコストコで購入したとのこと。最初は私が英語の説明書を読んでいましたが、言葉が出来るのと組み立てる能力は別ですね?アリソンや浜ちゃんが手伝った途端に、見事完成。文殊の知恵です!
dkh13.jpg
 そうこうしているうちに、特大ホッケ(左)や鱈(右)などが供されます。
dkh14.jpg
 それにしても、千歳屋の忙しそうなこと!ものすごい活気です。土日のお昼限定ですが、お隣にあこちゃんのカレー屋さんもオープン。すごいですね、おめでとう!(右)宴会用に、お隣のカレー屋キッチンで大皿ニョッキを作ります。
dkh15.jpg
 今回の手土産は、サン・ドミニックのロールケーキ「ルーロー・オ・フリュイ(フルーツロール) 」です。以前の日記でjも紹介しました→「桜を目指して、日本!」全国一にもなったことのあるこの品、「うわぁー美味しい!」とさすがに評判がよかったのでひと安心!季節に応じて、中の果物も変ってくるのだとか。
dkh16.jpg
 左写真、右手前…知った顔との、久々の再会です。実は以前の千歳屋の紹介の時に、写真を載せさせてもらったこともあるんですよ。会社の後輩さん達を引き連れてやって来てくれました。仕事内容とは全く関係ないのですが、テニス後ということで皆さんジャージなのです。女の子は奥、男性陣は出入り口側に座ります。(右)宴会の終盤は、こういうポーズがチラホラと見られますね。
dkh17.jpg
 あこちゃんの店の看板です!月〜金まで普通にお仕事こなして、週末のお昼はカレー屋さん。「ずっとやってみたい事だったから」と、大変だけれど楽しくて仕方がないそう。お客さんの入りも順調です。頑張ってね、応援しています!
dkh18.jpg
 (左)最近、ファッションショーなるものに目覚めた綺羅。最近の幼児雑誌には、そういった絵が多いのね。アニメのキャラクターがモデルさんを演じているような…仕方のないことですね。しかし「ソファの上で歩くの!」とやけに何度も確認してくるなぁ?と思ったら、キャットウォークをソファの背もたれだと勘違いしていたのです!(右)そんなゴロを家に残して、私はレストラン・アキオカさんまで歩きます。華麗なカトレアの花が目に留まりました。
dkh19.jpg
 秋岡シェフがまず嬉しそうに見せて下さったのが、こちらのラディッキオ。モントリオールでは丸形タイプ(radiccio di Veronaヴェローナでしょうか?)を一般のスーパーではよく見かけました。長いタイプのradicchio di Trevisoトレヴィーゾは、リトル・イタリーまで行って入手したものです。ラディッキオは自然にこの紅紫色をしていると信じ込んでいましたが、実はこれは太陽光を遮断する水耕栽培の賜物なんですって。秋岡シェフが是非作ってほしいと頼んでも、需要を考えるとやはり難しいとのお答えしか得られなかったというのですが…春の訪れと共に、この紅いラディッキオが発見されたそう。積雪の下でも逞しく育ち続け、かつ光をうまく遮られて偶然にこうなったらしいのです。なるほどね!

 ところで、こちらは「タルティーボ」とのことでしたが、トレヴィーゾとは違う種類でしたっけ…。きちんと話を伺っていたつもりなのですが、秋岡シェフの知識に私の理解がついていけず。すみません!取り敢えず、秋岡さんのブログ記事をどうぞ→「自家製ハルユタカ100%+西川農園のとうもろこしパン」。こちらのラディッキオのことが載っていますよ!
dkh20.jpg
 まずは、前菜盛り合わせ。最初に飛びついたのは、海老と帆立の焼きテリーヌ?でいいのかな。とにかくこれがすごく美味しかったです!本当に海老とホタテの味がする。ゴロゴロ入っているんです!当り前のようでいて、「ん、どこ?あ、そう言えば微かに風味があるような?」ということも多くないですか?次の銀杏のキッシュも感動しました。「このテリーヌを超えるのはなかなか難しいのでは…」と探るように口に運んだのですが、素晴らしかったです!
dkh21.jpg
 先ほどのラディッキオを使用したリゾット。今回はわざと苦味を残して調理していただきました。たっぷり上盛りされた生ハム、本当に合います!
dkh22.jpg
 (左)ほらね、ゴロゴロ…海老とホタテの方が多いくらいですよ。(右)メインは選べなくて、二種類ならぬ三種類。ソーセージは、もちろん自家製。下に敷かれたザワークラウトも、そう。横に添えられたマスタードは、秋岡シェフのお気に入りのフランス製の物。普通の家庭や一般的なレストランでは常温で保存していますが、こちらでは冷蔵です。その方が辛味が消えないのですって。
dkh23.jpg
 猪と仔羊のローストです。どちらも素晴らしいですが、秋岡シェフは羊を強力にオススメ…食べてみて、その意味がわかりました。いえ、元々ヒツジは好きですが、こんなに美味しい物だったのですねぇ!美瑛のどちらの農場だったかな?名前が記憶にとどまっておらず、残念です。秋岡さんに今度伺っておかなくては。
dkh24.jpg
 ここ数カ月は、パンもレストランのオリジナルだとか。とうもろこしパン、じゃがいもパン。へぇー。さすがです。パン単体として美味しいだけではなく、「料理に合うパンの味」を求めて、試行錯誤の最中だとか。充分、完成されているような気がしましたが…でもそこで止まらずに努力を重ねて下さる姿勢が嬉しいです。
dkh25.jpg
 (左)メインのお皿には、大量のお野菜も乗ってきます。ありきたりの種類以外にも、目先の変わった物が。(右)いつも楽しみな、こちらのデザート達。春らしく、苺たっぷりでした!ご馳走様です。
dkh26.jpg
 毎回、本当に訪問が楽しみなこちら。最近のメニューには「牛蒡のアイスクリーム」なども載っていて、これから野菜のデザートが続々登場するよう。北海道にも、ようやく暖かな日々がやって来たのです!5月の北海道日記、次回に続きます…

posted by 裕美 at 22:37| Comment(5) | TrackBack(0) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お元気そうで安心しました。
Posted by kazunori at 2008年07月04日 05:27
お元気そうで、何よりです!久々に綺羅ちゃんの顔が見れて嬉しいです。
5月の北海道レポート、爽やかですね。東京は今日も湿度が高く、べっとり暑いですから、気分だけでも軽やかになっていいです。
先日は折角携帯にご連絡下さったのに、タイミングが合わず、お会いできなくって残念でした。また六本木方面にいらっしゃることがあったら、ご連絡下さいね!!
Posted by こんぶ at 2008年07月04日 10:31
kazunoriさん、こんにちは!

ご心配おかけして、申し訳ありませんでした。単に怠けていただけですので、余計に心苦しく感じます…これからもよろしくお願いいたしますね。
Posted by 裕美 at 2008年07月04日 11:21
こんぶさん、こんにちは!綺羅の顔をご覧になって、「嬉しい」とおっしゃって下さる事実が嬉しいです。ありがとうございます。

今日、暑いのですねぇ!雨の予報と聞きましたが、午後からなのかな?お昼に新橋のSL広場で待ち合わせがあるのですが、辛そう。どこか屋内で過ごして直前に連絡を取ろうかしら。携帯に幸あれ、です。


先日は突然失礼しました…ゆっくり休養されたのかな?近いうちにお会いしたいです。ご連絡お待ちします!
Posted by 裕美 at 2008年07月04日 11:27
裕美さん、こんにちは!

新しい記事が更新されててびっくり(安心)しました。こまめにチェックしてて良かったです。裕美さんも綺羅ちゃんもお元気そうでなにより^^

色々なもの食べてますねぇ。久々の裕美さんの美味しいものショットに癒されました。

モントリオールには近々戻ってこられるのでしょうか?北海道も大概うらやましいですけど・・・。
Posted by Swirlpepper at 2008年07月04日 11:53
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。