2010年08月30日

万華鏡っ子 〜ようやくディズニーランド入園

 「雪のシャンデリアみたい!」「クランベリーみたい」…万華鏡を覗きながら、興奮して次々と言葉を発するキランボ。そして満足そうに、「綺羅ちゃんがデザインした模様だね」と笑顔。毎日、そんな輝いた時間を過ごさせてくれるこの子です。
lsd45.jpg
 さて、まだクリスマス。前回からの続きです。悲願達成(でもないか…本人は風船さえもらえれば満足なのですから)、ディズニーランドです。
lsd44.jpg
 行く度に「こんな店も入ってたんだー」と気付いて、楽しいイクスピアリです。この日はパステルのプリンが目について、食べてみることに。こういう「瓶に入ってない」プリン、食べやすくて本当に嬉しい!多くの方が表現されている通り「クリーミーでトロトロ」のこのプリン、あっと言う間に食べてしまいました。
lsd37.jpg
 いよいよ入園です!綺羅は「この前来たよね~」という感じです。(右)私達がグータラ行くのはいつも午後過ぎなので、チケットに並ぶこともなくのんびりです。
lsd38.jpg
 (左)今回もプーさんに遭遇!頭をポンと撫でられ、フガフガと嬉しそうでした。(右)しかし、彼は多忙の身…こんなにもプーさんを待っている人々が!
lsd39.jpg
 (左)写真からはわかりにくいのですが、こちらはもっとすごい!先にいたのは、天下のミッキーマウスです。主役登場となると、もう大変な騒ぎ。(右)並ぶのが嫌な綺羅は、いつもこういうキャラを見つけて行列を回避しています。
lsd40.jpg
 (左)ジャングルブックのお猿さんなのかな?彼らもよく遭遇しますね。綺羅の大好きなカントリーベア関係は一度しか会ったことがありません。レアでしょうか。ロケーションが悪いのかも?(右)訪問数日前に観たばかりの映画の「カールおじさん」がいたので、早速駆け寄ります!
lsd41.jpg
 (左)ブルーフェアリーが現れ、お昼のパレードのはじまりはじまり。(右)ポカホンタスが綺麗で見とれてしまいました。こうして見ると、黒髪って素敵です。
lsd42.jpg
 さあ、ゴーカート場へ。綺羅ご自慢の運転です!カーブも鮮やかに(ボコボコ派手に揺れながら)こなします。
lsd43.jpg
 「ビャァビャ(ばぁば)!あのね、綺羅ちゃんね…」。いつまでたっても話は終わりません。楽しい楽しい一日となりました。ね、風船だけよりいいでしょう!?万華鏡のように表情を変えてお喋りし続ける綺羅を見ながら、そう尋ねたくなりました。
posted by 裕美 at 13:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 首都圏日記(ごちゃ混ぜ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月20日

閑話休題

 昨日は私の37回目の誕生日…脳もしっかり年を取ります。物覚えが悪いと言うよりももっと常習的に、物事が頭からこぼれ落ちて行く。何が一番焦るかと言うと、起こった事を日記に書く前に普通に忘れたりするのです。例えば先日の夜。お風呂からあがった時に、脱衣所で「綺羅ちゃんは、今日のお風呂で2つ嬉しいコトをママに言ってくれたねぇ」と笑顔で伝えたものの…日記に書こうとすると、1つしか思い出せない。子供を持つということについて話していた私は、「どのママも、子供が1番大事なんだよ。だから綺羅ちゃんにベベが生まれたら、綺羅ちゃんはその子を1番愛するの。わかった?」と言いました。今は、私がこの子にとって最も重要な存在。その現在地を認識しながらこう伝えることに、どうしてもワガママな淋しさを感じたものです。「わかった」とゆっくり頷いた綺羅、すぐにまた口を開きました。「でもね、もっと大事な人いるよ」。「誰?」と尋ねると、私を真っ直ぐに指差します。私が教えた内容を覆す意見だから少しドキドキしているみたいで、綺羅は上目遣いになっていました。私は取り敢えず、笑顔で「そうか」と返しました。
 だけど、もう一つの「嬉しい瞬間」をどうしても思い出せなかったのです。考えて考えて考えて三日くらい経ったかな。ようやく思い出しました!ギュウと抱きしめたら、「ママ、いい匂い」と綺羅。でもすぐに、「綺羅ちゃんね、鼻がつまってるから本当は匂いわかんないの。でもママがいい匂いって知ってるから、そうかなって思ってそう言ったの」と告白しました。これにもまた、「そうか」と発した私。やはり、笑顔でした。
lsd28.jpg
 皆さんに素敵な品をいただくので、私が今までにこの子に衣料品を買ったのは(下着や靴下などを除いて)、なんと計5回程度!この美女と野獣のドレスは、その数少ない一着です。ディズニーランドに行く前に約束していたんだよね!まんまるベルの誕生です。(左)カメラ目線でポーズを取る綺羅ですが…(右)すぐにクチャクチャの笑顔に!これが素です。
lsd29.jpg
 さてさて、昨年の12月のある土曜日。17度以上まで気温が上がったことがありました。ディズニーランドは混むだろうなぁと懸念しつつ、思い切って出かけることに。ところが、やはり甘かった!定員オーバーらしく、入園制限が施行されていました。もしかしたら17時過ぎに入るのが可能かもしれません、という説明に「うーん」。「また月曜日に必ず戻って来ない?」と提案すると、ゲートにかじりついていた綺羅はあっさり承諾。なぜか?答えは→「風船だけ欲しかったの!」。えーっ!それもどうなの!?まぁよろしい。係の女性が、ワールドバザール内に連れて行ってくれました。(右)風船も持たせてもらい、綺羅は上々機嫌。飛んで行っちゃうかも?と緊張していたみたいね。※ディズニーランドの従業員の方のご配慮に感謝いたします。
lsd30.jpg
 (左)お目当ての風船を手に入れ、もう何も思い残すことはない様子できびすを返します。シンデレラ城に見向きもせず!私だけは、後ろ髪引かれる思い…。(右)傷心の(はずの)綺羅と共に、イクスピアリへ。目指すは、ピエール・エルメです!しかし綺羅は、風船に夢中。
lsd31.jpg
 美味しそうな季節商品が並んでいました。(左)グルマンディーズ¥630。シュー生地に生クリームとカスタードクリームがたっぷり挟まれており、苺が盛りだくさん。シンプルこの上ないですが、こういうのがまた、美味しかったりしますよね。(右)Arabellaアラベラ¥735。生姜風味のチョコレートの下には、ヘーゼルナッツ入りダックワーズ生地そしてパッションフルーツ風味のバナナコンポートが!
lsd32.jpg
 (左)こちらは、Emotion Ludiqueエモーション・ルディック¥840。イチゴのコンポート、苺果汁で煮たイチゴとビーツ、アーモンド生地、ケシの花の香りのマスカルポーネクリーム。上に乗っているのは、苺のマシュマロ。(右)綺羅は早く出たくて、出たくて。風船と遊びたくてウズウズしていました。
lsd32-1.jpg
 ついでに、他のエルメ写真も放出です。こちらは、前回の日記で紹介したディズニーランドに持ち帰ったケーキ達。(左)サントノーレ、チョコレート風味です。乗っている果肉は洋梨のコンポート、バニラフレーバーです。(右)モンテベロ。ダックワーズ生地の食感が心地よしです。上のベリーは苺になることも。
lsd32-2.jpg
 こちらは、キアブスちゃんと買い込んだ品々。(左)エルメ流モンブラン。これは大好きです。(右)奥が言わずと知れたイスパハン、手前はタルト・プレニチュード。サブレの中には、カラメル、カラメル味のガナッシュ、そしてカラメル風味ガナッシュを混ぜ込んだクリームがぶわっと。スッキリした姿も目を引きます。
lsd32-3.jpg
 京葉線に乗るのは、ディズニーランドに行く時だけではありません!2008年のこの日は、葛西臨海公園を目指しました…お隣の駅ですが。まずは、地下鉄博物館に寄ります。(左)日々大きくなる綺羅にビックリのキアブスちゃん。今ではもちろん、もっと大きくなりましたよ。小学校にあがっていないのに、現在の身長は130cm!まだまだ伸びそうです。(右)入口は、地下鉄の改札。lsd32-4.jpg
 顔ハメを見たら、絶対に試してみなくてはならない!綺羅ルールの一つです。
lsd32-5.jpg
 さあ、自分でも運転してみましょう!順番を待って、いよいよ出発…南行徳まで行きましたよ。興味深い展示がいっぱい!綺羅も喜んでいたけれど、男の子なんてもう大はしゃぎでしょうね?

地下鉄博物館
公式サイト: http://www.chikahaku.jp/
東京都江戸川区東葛西6丁目3
最寄駅は東京メトロ東西線「葛西」駅。地下鉄博物館なのでせっかくだから地下鉄で行くのがオツな感じですが、場所柄バスや車でも行けます!なお、駐車場も完備(2010年8月現在情報/台数に限りあり)。
電話: 03-3878-5011
休館日: 年末年始/ 毎週月曜(祝日・振替休日となる場合、その翌日)。※夏休み中など連休の際は月曜開館もあるので、公式サイトかお電話でご確認を。
入館料: 大人210円、子供(4歳~中学生まで)100円 ※20名以上の団体割引あり
開館時間: 10:00 - 17:00(最終入館16:30まで)

lsd32-6.jpg
 お昼は「独一処餃子(とくいつしょ ぎょうざ)」の葛西店で。美味しかったので、店内では写真を撮るのを忘れて餃子ほかお料理をむさぼっていました!綺羅も気に入ったようなので、また地下鉄博物館とセットでお邪魔させていただきます。(左)キラ捕物帳。入店前に綺羅なぜか暴れる綺羅、そして押さえるキアブスちゃん。(右)店頭でポーズ。あまりフレンドリーな顔つきではありませんが。

独一処餃子 葛西店
公式サイト: http://www.tokuissyo.com/
(葛西店: http://www.tokuissyo.com/02.html)
東京都江戸川区中葛西3-33-19
東西線葛西駅中央口から、地下鉄博物館とは反対方向に歩いて3分くらいです。
電話: 03-3878-0319
営業時間: 11:30〜14:30、17:00〜23:00
定休日: 月曜日
※駐車場: ちょっとあり
焼き餃子6個…420円など

lsd32-7.jpg
 ついにやって来ました、葛西臨海公園。いつもは乗らない汽車型乗り物、パークトレインを利用!なかなか嬉しそうです。ムチムチしてます。
lsd32-8.jpg
 ここに来たら、これは外せません!2009年に福岡のが終わってしまって(何だか悲しいですね)、再び日本一に返り咲いたダイヤと花の大観覧車。(左)乗り込んだばかり、ドキドキです。(右)ほぼ頂点。ここもドキドキ…そう、この子は大変臆病なんです!lsd32-9.jpg
 うわぁとした表情の綺羅の視線の先は?私が飛んで行ってつかまえた、カマキリでした。ところが、一応「すごーい」の反応をしてくれたのは、ほんの1秒ほどで、その後は走り去ってしまいました。キアブスちゃんもしかり。カマキリと残された私、今後どうしたものでしょう。さてこのカマキリ、北海道にも生息しているとのことですが、私の人生において地元ではカマキリを見たことがありません。クワガタはウジャウジャいる場所を見つけたりして、紙袋がパンパンになるほどつかまえたことがありますが(今考えると、悪い事をしたなぁ…ごめんね)。
lsd32-10.jpg
 英語ではPraying(祈る) mantis。カマキリをよく知らない私、ゆーらゆーらと揺れるカマキリを見ながら「おうおう、本当に祈ってるわ。かわいいものだ」なんてニヤニヤほくそ笑んでいたのですが、突然グサァッ!なるほど、痛いですね…。昆虫マンガでカマキリがことごとく悪役に抜擢される理由もわかる気がしました。しかしこの子、次第に攻撃しなくなり、本当にかわいい存在に。
lsd32-11.jpg
 (左)ほどなくして、自分と同系色のキアブスちゃんのバッグに飛び移ってしまいました。ここで数十分過ごすことに。(右)公園の外には、小さなアトラクションと言うか遊具があります。これも綺羅は大好き!
lsd32-12.jpg
 (左)また別の日に訪れた時は、ショウリョウバッタが大漁でした…いえ、大漁になりそうなほどいたのですが、捕獲は差し控えましたよ。(右)花とダイヤのこちらは、夜はゴージャスに変身です!
lsd32-13.jpg
 ディズニーランドはたくさんオファーしてくれるので「遊ばされてる」感じですが、葛西臨海公園は「遊ぶ!」といった感じ。自分のペースで、のんびり出来ます。
lsd33.jpg
 エルメから2年前の葛西訪問まで話が派生しましたが、閑話休題。(左)ディズニーランドに入園できずに帰った日のこと。イクスピアリを出ると、もこもこと風船が飾ってあって、すっかり風船モードだった綺羅は迷わず記念撮影。何だか瞑想していますが。(右)その夜は、突如近所の六義園へ。期間限定でライトアップ+夜間開園しているとのこと。
lsd34.jpg
 池が鏡みたい。夜の静けさもいいのではないでしょうか?←と、実は初来園の私が偉そうにコメント。園の遠足で来ていたりしている綺羅は、なんと3回目だったかな?
lsd35.jpg
 (左)詳しい事情は察しませんが、何かを求めて一人でガンガン進む綺羅。教授ー、どちらへ…。怖がりなのに、暗闇は平気なんですよね。(右)その後は、駒込のピザ屋さん「PUCCIIプッチー」で夜ごはんです。この界隈でも、石窯ナポリピザが食べられるんですよ。まずは定番のマルゲリータ。¥1,300です。
lsd36.jpg
 (左)こちらは、「ピスタチオのカルボナーラ・黒トリュフの香り」¥1,550。ラディッキオが乗っていました。黄緑色に、紫が美しいですね。(右)ピザ、もう一枚!「パルマ産生ハムとルッコラ」¥1,700です。

PUCCII
公式サイト: http://puccii.com/

lsd1000.jpg
 予想外の展開となったディズニーランド訪問付随記でしたが、綺羅が常時ニコニコしていたので楽しいものとなりました。悲しい事も、楽しい事も、忘れないうちに日記に書き留めておくようにします。その瞬間はずーっと覚えておけると信じて疑わないのにね…どうしても色々な出来事で上書きされてしまう、日々の小さな思い出でした。
posted by 裕美 at 13:17| Comment(8) | TrackBack(0) | 首都圏日記(ごちゃ混ぜ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月03日

夢かうつつか

 昨年の日記(「誕生日おめでとう」)に、夢の中で夢と気付くという話を書きました。それとはあまり繋がらないのですが、「何が夢で何が現実なんだかわからない」というような表現を時折目にします。先日観に行った「インセプション」でも出てきたような。見聞きした事柄が記憶として残ってしまえば、それはそうで、ん?この前買い物行ったのって夢だったかなぁ!?と考え込んだりしてしまうことも頻繁にあったり(冷蔵庫を見て、「あらやっぱりキャベツがない。夢だったか!」となる)。だけどこんな経験、子供の頃は絶対にありませんでした。もちろん悪夢を現実と間違えて大泣きしながら起きる!というのは子供によくある現象ですが、すっかり覚醒してしまえば「夢」は「夢」、「現実」は「現実」という線引きがクッキリ明確に出来るのです。夢と現実の区別がつかなくなるなんて、本などでそんな表現を読む度に「どんな変な人なんだろう!?」と驚きを隠せなかったものです。脳が若いせいでしょうか。そう言えば、「今日って何日だっけ?」と大人が言うのも不思議でした。
 さて、今では今日どころか「今年って何年だっけ?」です。年末のディズニーランドについての日記をすっかり思い出も熟成しきった真夏日において書こうとしたのですが、その前にそれ関連の写真も出しておくことに。写真を見返していたら、なんと2008年のまでありました!そりゃあるか。とにかくちっこい綺羅に、母の私もビックリしたわけです。さて、今はもう2010年後半に入りました…
lsd1.jpg
 2008年、夏。カヌーです!アメリカ川にて。綺羅のちょうど前に座っている男性の張り切りぶりがすごくて、私は吹き出しそうな大笑いを自然な緩い笑顔に何度となく変えていたものです。パドルをバシャァッ!と跳ね上げ過ぎて、後ろの綺羅に水がかかってしまうのです。その度に顔をしかめるのですが、彼(だけ)は気付かず…キャストの方が「あまり後ろまで漕ぎ切らなくていいですよー」と2、3回アドバイスして下さっているのですが、効果なし!終わってみると、スプラッシュマウンテン並みにビショビショになってしまいました。
lsd2.jpg
 イクスピアリが出来て、ディズニーランドに行った日の食事の幅がドンと広がりましたね。よく利用させていただくのは、ピッタゼロゼロと響の詩(「きょうのうた」です。私は勝手に「ヒビキ」と覚えていました…新宿の野村証券ビルの高層居酒屋と混乱しているのですね。すみません)。自然派ダイニングだったのですが、ビュッフェレストランにリニューアルオープンしたようです→公式サイト「自然派ビュッフェ 饗の詩
lsd5.jpg
 (左)ハンバーグも試しました。(右)この時期、イクスピアリ全館でカナダフェアが開催されていて、レストラン店舗にも特別メニューがあった記憶が。キアブスちゃんは、このハムステーキを注文したんですよねぇ。余談ですが、このカナダフェアの一環として開催されていたカナダ旅行プレゼントに応募したら、後日カナダの国旗がプリントされたTシャツが送られて来ましたよ。
lsd6.jpg
 食事の後は、デザートも。この夜はエルメに行かず、こちらで頼んでみました。何だか体に効きそうな材料がたくさん使用されていて、嬉しくなります。
lsd7.jpg
 野菜やお肉をシンプルに焼いて、自然の旨みを引き出したメニューが多いので、豪快な印象を与えるのですが、こんなに繊細なデザートの品々。
lsd8.jpg
 (左)豆のタルト。お料理でもお菓子でもパンでも何でも、豆好きな私です。そして自分は少数派ではないと感じております!(右)こちらは、お隣ピッタゼロゼロ。何度か日記に残していますけれど(過去日記「食べないケーキ」「そんなにもあなたは磯自慢を待つてゐた」)、綺羅がピザ好きなもので自然と足が向きます。取り敢えず、前菜。
lsd9.jpg
 (左)ガスパッチョを前菜に選んだこともありました。(右)あと、生ハムとメロン。これを見つけると、すぐ試してみたくなってしまう!
lsd10.jpg
 (左)リゾット!米にも弱いです。この写真を見ていたら、あさりご飯が作りたくなりました。夕食にでも…あ、もう玄米を浸していたのでした。ギョウザの予定です。しかし食べたい。貝なんてしばらく食べていないし、なぜか滅多に口にする機会がありません。よし、今夜は酒蒸しにしてみましょう。餃子もあるけれど。何だか、中華料理店の卓に並びそうな皿構成ですね。(右)もちろんピザを外すわけにはいきません。綺羅がキィキィ言います!こちらは、マイクロトマトが乗ったもの。
lsd11.jpg
 ピザに、パスタ…これが私のリトルイタリーですな。
lsd12.jpg
 たまにはデザートも頼んでしまえ。(右)グラウンドチェリー(食用ほおずき)が珍しくて、注文してみました。しかし今でも忘れられないのが、梅村さんの畑でいただいた食用ほおずき(過去日記「縁尋奇妙…で、芋探しから感動のフレンチトーストまで」)。それまで食用ほおずきと言えば、味というより見た目のインパクトで勝負といった印象でした。ところが、梅村ほおずきはものすごく美味だったのです!
lsd13.jpg
 (左)ん?綺羅の右隣に写っているこの男性は誰だったかしら?と思わず(身を乗り出して!)考えてしまったわけですが、あっそうだ。母でした…。ごめん。それにしても、キランボの成長著しい。食事中の左写真が11月、3か月前の8月の右写真と比べただけでも違います。
lsd14.jpg
 さあ、綺羅が涼しい北海道でドカンと夏休みを過ごしている間に、私はディズニーシーに偵察に行ってまいりました!「ランドより絶叫ものが多いよ」などと聞き、綺羅でも楽しめるかな?と下調べ。予備知識もないまま、出発だ!
lsd15.jpg
 おぉ、古い街並みに新しい服装の人々が…後ろにそびえるのが、タワー・オブ・テラー。
lsd16.jpg
 何だか皆「タワー・オブ・テラーの感想聞かせてね」「タワー・オブ・テラー乗って来てよ」などとこのアトラクションのことを言って来ていたのを思い出します。ディズニーシーと言えば、これなわけか!もう一度地図で確認です。「ホーンテッド・マンションみたいだなぁ」と楽しんでいたら、突然落ちました…!本当にビックリしましたよ。フリーフォールだなんて知りませんでした。文字通り、口から心臓が飛び出るかと。綺羅にはランドの方がよろしいな。
lsd17.jpg
 11月、ランドにて。ディズニーシーよりこちらの方が私も好みです。入ったところで、写真撮影交替のミニーマウスを追いかける綺羅。しかし、その早いことと言ったら!ジェイソン並みです。同じ場所で、裏口に出入りするプーもよく見かけます。
lsd18.jpg
 (左)この人、誰だろう?綺羅が生まれてからディズニーに少しは詳しくなりましたが、未知のキャラクターがたくさん。ムーミンのじゃこうねずみみたいですね。むだじゃ、むだじゃ…のあの方。(右)そうそう、この年は東京ディズニーランド25周年でしたっけ。開園の年はね、ママはダンボに3時間半並んだのよ。ダンボに、だよ!ここで「無駄じゃ…」とじゃこうねずみが顔を出しそうになるのですが、いえいえ、「ダンボ待ち」は子供にとってはちっとも無駄ではありませんよ。むしろ有意義な時間の使い方です。
lsd19.jpg
 (左)「うむ、うまい!」。ホットドッグを食べてこの表情。気合い入れているのでしょうか。(右)綺羅が唯一「撮って!」と頼んだのが、このダンボ。今では事あるごとに「写真」と言うのですけれどね。
lsd20.jpg
 綺羅はどこを見ているの?あまりに嬉しく、落ち着けないのかな。
lsd21.jpg
 夜、綺麗ですよね。しかし夜が更けると、カップル率が上がってくる土地柄です。お気に入りの金色のおんましゃん、ようやく乗れました。
lsd24.jpg
 これまた別の訪問日。帰りに寝てしまってもいいようにと、ベビーカー導入→結果、なぜかいつもと違って全く寝むそうではない綺羅でした。
lsd22.jpg
 カントリーベアの前にあるお店のソフトクリーム。季節メニューで、かぼちゃがありました。綺羅は常にバニラかミルク。
lsd23.jpg
 (左)最後になると、飽きてしまうんですよね。残りは私の胃袋へ…ふふ。(右)逃げ行くサル達。
lsd25.jpg
 イクスピアリで夜ごはん。どこもここもツリーがあって、楽しくなります。(右)ディズニーランドホテルにも、宿泊したのでした。ロビーで観たモンスターズ・インクが一番印象的だったみたいで、「ん?」でしたが。
lsd26.jpg
 やっとチェックインし、取り敢えず一息。
lsd27.jpg
 ホテル(左)でもお家(右)でも、ディズニーランドの後はグッスリ。何の夢を見ているのでしょうね。ディズニーの残りに続きます。
posted by 裕美 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 首都圏日記(ごちゃ混ぜ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。