2008年11月07日

食欲の「初夏」

 北海道と言えば、蟹・メロンでしょうか…そのイメージは、現実から遠からず。北海道を出るまで(実際は、出てからしばらくしても!)、私は家族一人ひとりが毛蟹を一ぱいずつ食べるのは普通だと思っていましたし、メロンと言う果物は半割りにしてスプーンですくって楽しむものだと信じて疑っていませんでした。北海道の外の地域を「道外」と呼ぶのですが、道外の方々は食が細い!?だってメロンをお中元で贈っても、皆さん「半分だと食べきれない!」と言うのですから…。
bor86.jpg
 (左)メロンがあったら、こう食べます。もしかして、我が家だけだったらどうしよう?ちなみに、我が家でメロン好きなのは私のみ。なのに、皆このようにカットされた物を供されます!(右)綺羅は果物が苦手です。野菜は食べてくれるのに、甘い果肉は好きではない様子。甘酸っぱいイチゴなどならいざ知らず、熟した甘い柿やブドウなどもダメと言うのですから、筋金入りです…しかし、洋梨だけは別なよう。少しだけなら口にします。それで、当然ながらメロンにも全く惹かれないのですよねぇ。
bor86.jpg
 北海道滞在もあと僅か。こちらのお店の雰囲気が好きな綺羅は嬉しそう。(左)サービスのオレンジジュースにご満悦です。幸先いいわぁ、とでも言いたげな表情。(右)ランチコースの前菜です。これがなければ何も始まらないほど、私にとっては食事の最高峰なのです。いただきます!
bor88.jpg
 肉系、野菜系…。綺羅にとってはトマト味がNo.1。トマトに火を通した物は、毎朝食に欠かせません!
bor89.jpg
 デザートもしっかりいただいて、お庭で遊ばせていただきます。6月はまだ肌寒い…と言うか正直寒い!なのに、綺羅と一緒に外に出ていただいて、冷え性の私は頭が下がります。ありがとうございます。bor90.jpg
 夜は、千歳屋に。この夜は、サプライズゲストが!カラカラカラ…という、入口の引き戸の音に目をやると、そこには絶対に見覚えのある顔がありました。そう、それは忘れもしない近所の大型スーパー・ポスフールに入っている「六花亭」で働く女性でした。私は毎日のように通うので、あちらももちろん驚いていらっしゃいました!「ずっと前から気になっていたんですけれど、入る勇気がなくて…」とのこと。しかし勇気を振り絞って下さってよかった!出される品々を楽しくつつきながら、六花亭に対する情熱を語って聞かせる私。そして彼女も、六花亭についての思いを話してくれます。その姿に、「ああこの人も六花亭が大好きなんだなぁ」と思わず嬉しくなってしまうのでした。お酒は飲まない私ですが、六花亭を酒の肴に…ではなく、肴の酒にして時間を過ごします。
bor91.jpg
 色々なお友達やお知り合いが、色々な物を置いていくのです。それらを調理して出していただけるのが幸せで…顔の見えない皆さんですが、心から感謝します。(左)この日は、大滝村のジャンボ椎茸が供されました!こちらを持ち寄ったご夫婦もお店で夕食を楽しんでいたので、「ごちそうさま」を伝えられてよかったです。(右)「まだ空腹感が…」。で、出していただいたのがトンカツ。いいですねぇ。
bor93.jpg
 (左)出来ましたよ、さっと炒めた椎茸。綺羅の手くらいは優にある大きさは食べ応えがあります。そして、独特の風味も出てくるので私はこういった大きく成長した物の方が好きです。(右)甘い物は別腹…そして、こういった串物も。ついつい手が出ます。
bor92.jpg
 (左)隣接するカレー屋さんは、マスターの奥さんあこちゃんが土日のお昼だけ開けているんです。でもそのインパクトある看板に吸い寄せられて、平日も足を向けてしまう方がたくさんいらっしゃるそう。その看板の制作総指揮を取ったのが、こちらのアンディー。(右)母国からのお土産として、こんなオーナメントを持ち帰ってくれました。
bor94.jpg
 (左)六花亭のシフォンの良質さを周りに啓蒙していると、自然と「月替わりシフォン」の話に辿り着きました。3月は何だったっけ、あと先月は?などと勝手に盛り上がっていると、おもむろに六花亭勤務の彼女が取り出したのは…月替わりシフォン表!すごい。2、3、4、5、8、9、10、12月が好みだなぁ。(右)翌日、こちらも忘れてはいけない豊平狭温泉を訪れました。薄めたり、循環させたりはしていない、こだわりのお湯が売りのこちらです。
bor95.jpg
 何度も触れていますが、こちらの温泉のインド料理も楽しみの一つ…と言いますか、ここに来たら必ず食べたくなります。インド料理以外には十割そばもあって、こちらもまたいけます。目が離せません!見事な共生です。6月〜10月は、ジンギスカンも楽しめるそうです。(右)餡ナン。「餡子が好きです。たくさん入れて下さいね」と注文したりしています。だって、ガブッと口に含んで餡が少ないと淋しいのですもの。
bor96.jpg
 (左)サービスでチャイを出して下さいました。普段は水(寒い時期はお湯・ぬるま湯)・麦茶しか飲まない私も、そのほのかな甘さに「ああ、チャイっていいものだな…」と誘惑されて。(右)何だか知らないけれど、卵が入っていると嬉しくなる自分に気づいたこの日でした。
bor97.jpg
 大きな大きなお鍋で、カレーの元となる玉ねぎを炒めます。こんなに大量の玉ねぎ、通常の家庭用サイズのミキサーにかけて滑らかにするのです。大きなミキサーだと、やはり口当たりがスムーズではないそう。そして、使用される数十種類のスパイス達!…カレーのレシピも公開されていますが(こちら→カリーレシピ)、なかなか真似できないですよね!?
bor98.jpg
 (左)綺羅にも混ぜさせて下さいました。「うーん、うーん」と言いながら美味しい北インドカレー作りを修行です。(右)空港へ向かう直前、あっちゃんが車で到着。頼んでおいた美容液を持ってきてくれました。成果が出るかは保証できないけれど、会えただけで嬉しかった!
bor99.jpg
 (左)写真はうまく撮れませんでしたが、飛行機の窓の外からはまんまるお月様がこちらを見つめていました。また来ようねい…。(右)最後になりましたが、北海道つながりで六花亭の季節菓子達を紹介です。6月の北海道日記から突然飛びますが、9月にはスイートポテトも出ていました。
bor100.jpg
 「北の山里」です。コロンと入った栗が本当に、本当にいいです。
bor101.jpg
 (左)こちらは「青梅」という名前だったでしょうか。形だけではなく、きちんと中の白餡に梅のペーストが練りこまれているんです。実は、私は梅を使用したお菓子があまり得意ではありません…しかし、六花亭の物なら食べてみなくては。いえ、むしろ進んで食べたいのです。(右)まあ名前は賛否両論があるとして、中の餡に惹かれました。小豆の他に、トラ豆餡。ふくふくと、いただきました。
bor102.jpg
 上でも触れた、シフォンです。1ホール480円。安いからいいでしょう、というわけではありませんが、本当にこの価格設定はご立派です。
bor103.jpg
 (左)こちらはさくらシフォンだった、と思います。この甘納豆系の入ったシフォンが、私は大好き!このお豆を目指して食べ進んでしまうほど。(右)北海道在住の家族にまでお土産は六花亭を買いたいところですが、そうも行きません。銀座のGUCCIカフェでチョコレートを見つけて持ち寄りました。母は、チョコレートが大好き(あと、最中…面白い組み合わせです)!すごく喜んでくれました。全部の種類、試そうねぇ…と、二人で気をつけて選んで食べました。

posted by 裕美 at 08:09| Comment(12) | TrackBack(0) | 北海道お出かけ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。